注文住宅の有効な選択肢!二世帯住宅のメリットとは?

サンプル

注文住宅を検討する場合、有効な選択肢として二世帯住宅があります。子育てを親世代に協力してほしいという共働きの若い夫婦や、高齢になった親世代を身近で支えたいという人もいるでしょう。また親が所有する住宅を二世帯住宅として建て替えれば、土地の購入費が抑えられるなど、金銭的にもお得感があります。このコラムでは二世帯住宅のメリットをお伝えします。

 

二世帯住宅は土地の費用が不要となり、注文住宅に予算がかけられる

二世帯住宅は、親世帯と子世帯の同居が可能になる注文住宅です。ライフスタイルが異なる親世帯と子世帯の同居は、何かと面倒なイメージもあるかもしれません。

一方で、子育てを親世代に協力してほしいという共働きの夫婦や、高齢になった親世代を身近で支えたい、という人は多いのではないでしょうか。

二世帯住宅ならば、お互いのライフスタイルに合わせて、生活ゾーンを分けることも可能なので、お互いの適度な距離感を保ちながら一緒に暮らすという、いいとこ取りの注文住宅が実現できます。

注文住宅を建てる場合でも、建築の費用を折半できて、2棟別々に建てるよりもずっとお得になります。家づくりの費用として、もともと実家のあった土地に二世帯住宅を建て替えるなら、土地の費用も必要ありません。そして建築後も、メンテナンスの費用を折半したりすることも可能になります。

 

二世帯住宅の3つの間取りタイプ

二世帯住宅は、タイプごとに大きく3つに分類できます。それぞれメリットとデメリットがあるので、夫婦や親子でよく相談して設計するようにしましょう。孫世代の成長とともにライフスタイルも変化するので、将来を見越した間取りが重要です。

①完全独立型

キッチンや浴室、玄関など、すべてが独立しているタイプの間取りです。お互いのプライバシーが確保でき、生活時間が異なっても気になりません。ただし、光熱費などの節約効果はあまり期待できません。親世帯と子世帯の適度な距離感は保たれますし、何かあればお互いに助け合うことができます。住宅の全ての要素を2世帯分確保することになりますので、住宅の面積は比較的広くなりますので、建設コストは必要になります。資金計画との兼ね合いが重要です。

②共有型

キッチンや浴室などは別々に、リビングなど一部の生活空間を共有するタイプの間取りです。お互いの行き来がしやすく、共有部分の光熱費を節約することができます。親世帯と子世帯が接する機会が増えることになりますので、大家族的な暮らしは可能になります。

③融合型

リビングやキッチンなど、生活空間をすべて共有するタイプの間取りです。光熱費の節約効果が大きく、個々の個室を広く取れるなどのメリットがありますが、プライバシーは確保しにくいです。親世帯の老後の対策や、子世帯の人数の変化などには対応しにくい点もありますので、設計に関しては将来の変化をふまえた配慮が必要になります。

 

<まとめ>

土地や予算に余裕があれば、二世帯住宅にした上で、さらに賃貸併用住宅にするという選択肢もあります。家賃収入が得られるので、返済の費用に充てることもできます。相続すべき住宅や土地がある人は、仮に相続して住まなくなった住宅を放置して空き家にすると、さまざまな弊害があります。相続する家があるならば、二世帯住宅を検討してみてはいかがでしょうか。