鎌倉で建てる注文住宅|価格と魅力【東京から1時間圏内のテレワーク】

鎌倉で建てる注文住宅|価格と魅力【東京から1時間圏内のテレワーク】

コロナ渦で急速に広まったテレワーク(リモートワーク)をきっかけに、注文住宅の候補地にも変化が起きています。東京都心から1時間圏内とアクセスが良く、趣味やリゾートを満喫しながらテレワークができるエリアへの移住、一戸建ての新築を考えている方が増えています。

利便性や生活コスト、治安だけではなく、家族と過ごす時間、休日の過ごし方、ストレス軽減といったプライベートの快適さ、心地よさを重視したライフスタイルを実現できる街として、「鎌倉」に注目が集まっています。

歴史ある古都の落ち着いた雰囲気とゆったりと流れる時間、海と緑に囲まれた自然豊かな鎌倉は、これまでも注文住宅の候補地として人気でした。富裕層が居住する高級注文住宅や別荘が建ち並ぶ閑静なエリアもあります。

高級注文住宅に適した住環境に加えて、テレワークを中心としたいわゆる「職住融合」にも適した鎌倉で注文住宅を建てるポイントを、住みやすさや土地探し、資金計画の実例など工務店の視点から紹介したいと思います。

関連記事:テレワーク対応の注文住宅|ワークスペースのある間取りの実例3選

 

鎌倉市の基本情報

鎌倉は、神奈川県鎌倉市の中心部にある地域一帯をいいます。鎌倉市は神奈川の南東、三浦半島の付け根に位置しており、面積は39.67㎢、人口は約17万人と神奈川県19市の中では11番目の人口です。(令和2年9月現在 鎌倉市WEBサイトより参照

鎌倉をはじめ、大船(おおふな)、深沢(ふかさわ)、腰越(こしごえ)、玉縄(たまなわ)の5つ地域に分けられます。

鎌倉市は三方を多摩・三浦丘陵群の山々に囲まれ、南側に面した相模湾からの影響で、夏は涼しく冬は暖かい、温暖な気候に恵まれています。

穏やかで美しい風土、景観が魅力の鎌倉は、明治期に鉄道が開通して交通の便が良くなり、保養地が開発され、政財界の有力者や著名人、文化人の別荘地として発展しました。海水浴場も整備され、七里ヶ浜や由比ヶ浜が開かれたのもこの時代です。

観光地としても多くの人が訪れる地となり、旅館や商店が建ち並んで外国人や避暑客、参詣客で賑わうようになりました。

鎌倉市の市章は、鎌倉幕府を開いた源頼朝の家紋だったといわれる「ササリンドウ(笹竜胆)」です。

 

鎌倉に注文住宅を建てるメリット、デメリット

鎌倉に注文住宅を建てるメリット、デメリット

テレワークをきっかけに鎌倉が注目されていますが、鎌倉に注文住宅を建てるメリットは何でしょうか。また、デメリットはないのでしょうか。

 

メリット

鎌倉で注文住宅を建てるメリットは、何といっても「海の見える広い家」や、「自然豊かな住環境で快適に暮らせる家」を建てられることでしょう。

交通アクセスや生活インフラの便利さ、治安の良さももちろんですが、美しく維持された景観と、歴史ある町全体に漂う文化的で落ち着いた雰囲気が鎌倉の魅力です。

テレワークのすきま時間や休日に、広々とした我が家から眺める相模湾の爽快な海、青々と茂った山々の表情からは充足感とゆとりが生まれ、見飽きることがありません。

鎌倉には、アウトドアが好きな人に最適なロケーションが揃っています。サーフィンやダイビング、ヨットなどマリンスポーツは海へ、ハイキングやキャンプなら山へとすぐ近くに美しく豊かな自然が広がっています。

また、観光地ながら都心のような喧噪はなく、寺社仏閣は夕方に閉館して周りのお店も夜遅くまでは営業しておりませんので夜はとても静かです。

 

鎌倉の注文住宅で人気の間取り、デザイン

鎌倉の注文住宅で人気の間取り、デザイン

鎌倉で建てる注文住宅は、自然が豊かで風情のある景観に合わせたデザインや間取りにできることも大きなメリットです。

吹き抜けに大開口の窓を設けて海を一望できる大空間のリビングや、地平線に沈む夕日を眺めながら過ごす広いデッキやテラス、一面の星空を独り占めできる屋上庭園など、鎌倉の自然と調和した空間はオーナー様の満足感がとても高い間取りです。

オーナー様のライフスタイルを反映したアウトドアリビングや、ビルトインガレージも要望の多い間取りです。また、都心に比べて広い土地が購入できるケースが多く、ゆったりとした平屋で設計する注文住宅も好まれています。

古民家や古い豪邸が建ち並ぶエリアでは、日本の伝統を感じさせる外観、内部は機能的な設備や和モダンな要素を取り入れつつも和風の庭園、囲炉裏などを配した木造注文住宅も人気があります。

 

デメリット

鎌倉で暮らすうえで避けて通れないのが、交通渋滞です。

週末には観光客が多く鎌倉に来ますので、駅前や歩道は大混雑、国道は大渋滞になります。主要な観光スポット周辺だけでなく、広範囲に渋滞が広がっていて、休日に車で出かけるのが難しいときもあります。夏になれば海沿いは慢性的に渋滞が続いています。

鎌倉は古い町並みや景観を保護している地域があるため、道幅が狭い点も注意が必要です。自宅から入り組んだ狭い道を抜けて運転するのは、難易度が高いです。

また、観光地であること、富裕層向けのお店が多いことから物価が高い傾向にあります。とはいえ、スーパーやドラッグストア、コンビニや量販店、庶民的なお店や商店街が適度にあり、都内ほど何でも揃っているわけではありませんが、生活に不便を感じることはあまりありません。

むしろ、多少の不便は楽しんでしまうような感性のライフスタイルを送る人たちに、鎌倉のもつ独特なゆったりとした時間の流れが好まれているように思います。

海沿いに注文住宅を建てる場合は、塩害に配慮した性能や素材、メンテナンスが必要になります。車やバイクも錆びてしまわないよう、お手入れや対策が欠かせません。海から離れた立地なら塩害の問題はありません。

今夏はコロナ渦で海水浴場は開かれず、鎌倉花火大会も中止です。

外出する人が減って、インバウンドも当分見込めない状況のため、鎌倉も人出が少なくなっていますが、国内の感染状況が少し落ち着くと鎌倉・湘南周辺の渋滞が増え出す傾向を見ても、事態が収束に向かえば、再びたくさんの観光客で賑わい、週末になれば大渋滞が発生する元の鎌倉の姿に戻ると予想しています。(渋滞は困りものですが、鎌倉にいつもの活気が戻ってきてくれたらいいですね。)

 

鎌倉の土地価格の相場と土地探し

鎌倉の土地価格の相場と土地探し

令和2年公示地価では、鎌倉市の坪単価の平均は約77万円です。都心部の半額以下の相場です。

鎌倉はエリア内で土地価格にかなり差があり、和田塚エリアや、鎌倉駅エリアは坪単価が100万円を超える地域も多いですが、湘南深沢エリア、西鎌倉エリアや北鎌倉エリアなどの比較的郊外のエリアでは、鎌倉市内の人気エリアの半額近くの相場で土地を購入できます。

都内と比べても、同じ予算で広い土地が購入できるため、自由度の高い間取りで注文住宅を建てられます。

関連記事:【注文住宅の土地探し】希望通りの家が建つ土地を見つけるコツ

 

 

鎌倉で建てる注文住宅のケーススタディ 土地価格4,000万円台の場合

鎌倉で建てる注文住宅のケーススタディ 土地価格4,000万円台の場合

実際に鎌倉市で土地を購入し、注文住宅を建てられたオーナー様を例に、土地購入費4,000万円を含めた資金計画を見てみましょう。土地と建物を合わせた予算を8,650万円に設定しました。

鎌倉で建てる注文住宅の資金計画ケーススタディ

鎌倉で建てる注文住宅の資金計画ケーススタディ

総予算(土地、建物の金額) ・・・ 8,650万円

<内訳 ・・・ 自己資金1,650万円、銀行ローン7,000万円>

土地 ・・・ 40坪(約132㎡) / 建ぺい率50% / 延床面積:38坪

建物 ・・・ 2階建て注文住宅

 

資金計画のポイント

土地の購入から注文住宅が完成するまでに、次のような費用が必要になります。

<土地購入費>

・不動産会社に支払う費用です。実際には、土地購入代金とは別に購入諸費用がかかります。

<建築本体工事費>

・注文住宅の建築にかかる費用の割合は、建物本体工事費が7割、付帯工事費が2割、諸費用が1割ほどの割合になることが多いといわれています。

<付帯工事>

・地盤の補強など不確定要素が強い項目や、上下水道引き込みなど役所が関わる項目、外構工事などを別途に発注した場合に直接支払いが発生する工事などが該当します。

<設計料>

・建築本体工事費の10%前後の費用がかかります。

<諸費用>

・家の本体工事や付帯工事以外にもかかるいろいろな費用がかかります。

 

関連記事

注文住宅の資金計画の立て方|予算は自己資金とローン返済額で決まる!

【注文住宅のローン】土地購入からの流れを金利、つなぎ融資について解説

 

 

鎌倉の住みやすさは?

鎌倉の住みやすさは?

 

交通アクセス

鎌倉市は交通の便がとても充実しています。

<JR東日本>
・横須賀線:大船駅 北鎌倉駅 鎌倉駅
・東海道本線:大船駅
・根岸線:大船駅

<江ノ島電鉄>
・江ノ島電鉄線:腰越駅 鎌倉高校前駅 七里ヶ浜駅 稲村ヶ崎駅 極楽寺駅 長谷駅 由比ヶ浜駅 和田塚駅 鎌倉駅

<湘南モノレール>
・江の島線:大船駅 富士見町駅 湘南町屋駅 湘南深沢駅 西鎌倉駅 片瀬山駅

鶴岡八幡宮は鎌倉駅近く、国宝の円覚寺舎利殿は北鎌倉駅近く、鎌倉大仏で有名な高徳院は長谷駅近くにあります。

鎌倉駅から、品川駅まではJR横須賀線で48分、新宿駅まではJR湘南新宿ラインで59分と、1時間前後で都心部までのアクセスが可能です。

往復2時間近くを毎日通勤するのは覚悟がいりますが、テレワークとなれば、出勤は週に1度か2度で、時差通勤で混雑が緩和されていれば、月数回の通勤なら許容範囲で利用できるのではないでしょうか。

鎌倉駅から主要駅へのアクセスは充実していますが、鎌倉駅に行くまでの利便性はそれほど良くありません。江ノ島電鉄(江ノ電)は本数も少ないので、時刻表をチェックして利用しましょう。

 

治安

鎌倉の治安はとても良好です。

鎌倉市の刑法犯認知件数(令和元年中)は668件と過去5年間減少傾向です。犯罪発生率は0.39%と全国的にみても鎌倉市は犯罪が非常に少ない街です。鎌倉市

良好な治安を保っている鎌倉市は、落ち着いた雰囲気のイメージに違わず、犯罪が極めて少なく、子育てにも安心な街といえます。

ただ、全く犯罪が起きていないわけではなく、減少傾向にありますが窃盗や詐欺などが少なからず起きています。

自転車の盗難防止や高齢者の見守り、街灯の少ない細い道で夜中の一人歩きに注意するなど基本的な防犯対策は怠らずにいれば、過度な心配は必要ないでしょう。

夜間の繁華街や海水浴シーズンの海沿いでは、トラブルが起こりやすいので、気を付けましょう。

 

景観・自然環境

源頼朝が開いた鎌倉幕府から約800年、鎌倉には国指定の登録文化財が数多く存在し、史跡や社寺の名所が各地にあります。源頼朝ゆかりの神社である鶴岡八幡宮、国宝の高徳院の大仏と円覚寺舎利殿は鎌倉を代表する観光スポットになっています。

四季折々の表情が楽しめる風光明媚な海や山には、レジャーやリゾートのコンテンツが豊富で、由比ヶ浜や七里ヶ浜のサーフスポットは地元住民だけでなく、全国のサーファーに愛されています。海岸沿いにはおしゃれなショップやレストラン、カフェが軒を連ねてデートスポットとしても注目されています。

美しい自然と歴史的な文化財や町並みが体験できる鎌倉は、年間2000万人以上(横浜、箱根に次いで3番目)の観光客が訪れる観光都市です。50%近くが6回目以上の再訪というリピート率の高さも鎌倉の魅力を物語っています。

総務省 年間約2,000万人の観光客(入込観光客数)が訪れるまち

これらの観光資源を支える鎌倉全体の景観は「古都保存法」や「風致地区」の指定によって守られています。

古都保存法は、指定された地区内の歴史的風土、伝統的環境を保存するため、建築物の新築や改築、増築、土地の造成のほか、建築物の色彩や屋外広告に知事の許可が必要になる法律です。新築や造成、伐採など現状を変更することが認められない場合もあります。

風致地区は自然の景観を維持、保存する制度です。鎌倉市は市全域の約55.5%が風致地区が指定されています。古都保存法と同様に、建築物の新築や改築、増築、土地の造成などに市長の許可が必要になります。他に、地区内での建築物は周辺との調和が求められ、高さや建ぺい率、緑化率、植栽など一定の制限が定められています。

法規制をはじめ自然環境の保全策が講じられ、鎌倉を愛する住民の景観保護活動もあって、鎌倉の市街化は緩やかで高層マンションや大規模開発もなく、静かで落ち着いた町の雰囲気の醸成につながっています。

鎌倉で注文住宅など住宅建築を計画する際も、古都保存法や風致地区の指定地域かどうか、建築協定の有無の確認と、それらに対応した設計が必要になります。

 

子育て・教育

海や山の豊かな自然を身近に感じながらのびのび成長できる環境は、子育て中のファミリー層にも嬉しい魅力です。休日のレジャーや遊び場にも困ることもありません。子育て世帯も多く、コミュニティが作りやすいのもメリットです。

自治体の子育て支援も子育て支援センターや子どものショートステイ、ファミリーサポートセンター、放課後かまくらっ子など多くはないものの、各種取り組み、助成制度が整っています。

鎌倉は住環境だけでなく、教育、医療機関も充実していて、開業医の医院が多くて安心できますし、駅前には学習塾があり、県内でも有数の進学校が集まっています。

 

地盤、災害

鎌倉市の地形は、起伏に富んだ高台に覆われており、地盤の安定した場所が多いエリアですが、由比ガ浜から鶴岡八幡宮にかけての滑川流域や大船駅周辺の柏尾川流域等の河川低地部分は地盤が悪く、地下が軟弱地層の場所が多いため、建物の建設等においては充分な地盤対策が必要となります。

30年以内に70~80%の確率で発生するといわれる南海トラフ地震での、鎌倉市内の予想震度は5強、3メートル以上の大津波に襲われる確率は「6~26%未満(高い)」と予測されています。

南海トラフ地震の被害想定:朝日新聞デジタル

南海トラフの大津波確率 鎌倉など3市「高い」 国が予測

日ごろの避難計画や防災対策の備えに加えて、地震や津波に強い家づくりが注文住宅にも求められます。

関連記事:耐震性の高い木造住宅は建てられるか?【耐震構法SE構法が地震倒壊ゼロの理由】

 

鎌倉の住みやすさや住環境について、おおよそのイメージができてきたら、次はご自身が住みたい街、注文住宅を建てたいエリアを絞り込んでいきましょう。

注文住宅の建築計画は、まず土地探し・土地購入から始まります。

通勤や通学、子育てに合った立地条件、建てたい家に合った土地の条件や法規制、建物と土地を合わせた資金計画、住宅ローンの手続きなど、注文住宅の土地探しには専門的なサポートが必要になります。

特に鎌倉は、風致地区や古都保存法といった法規制もあり、土地の供給(売り出し)が多くはない実情があります。(需要が供給を上回り、土地価格が上がる一因でもあります)地域の物件情報や周辺環境に精通した不動産会社と密に連携している、信頼のおける工務店やハウスメーカーと一緒に探すと良いでしょう。

 

ジェイホームズについて

ジェイホームズについて

ジェイホームズは東京都、神奈川県を中心に注文住宅の設計・施工を行っている工務店です。

プロから評価の高い建築家、建築設計事務所とチームを組み、デザインと機能性、安全性を両立させた「強く、美しい家」を精度の高い施工力で建てています。

ジェイホームズ 注文住宅の完成事例

設計、施工はもちろん、土地探しからオーナー様の住まい作りをお手伝いしています。地域に広いネットワークを持つ不動産会社と連携して、オーナー様の予算や希望条件にあった土地が見つかるまで徹底的にリサーチする体制が強みです。

ジェイホームズ代表の牧野や建築家が現地の視察に同行して、土地の形状、周辺環境から「家を建てるプロ」の目線で土地を吟味、調査します。オーナー様の要望を叶えられる土地なのか、どうすれば実現できるかを設計や工法、法的な面からオーナー様のお悩みや疑問にお答えします。

すでにお持ちの土地や、ご自身でリサーチした土地をジェイホームズにご相談いただくことも可能です。現地を一緒に視察しながら、ご希望条件やご予算にあったプランニングをご提案いたします。

鎌倉市をはじめ、神奈川県での土地探しや注文住宅の建築計画について、お気軽にご相談ください。

住みたい家、住みたい環境にぴったりの土地探しと住宅建築をサポートします。

ジェイホームズへの土地探しのご相談 

現地を一緒に視察しながらご相談

 

ジェイホームズ株式会社

〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川1-6-12

TEL 045-912-9111(平日8:30~17:30)

 

カタログ請求

メールやお電話でのご相談

完成物件、建築中物件の見学