Contact Info

コンパクト

合理的な住まい。多様な家族構成の時代に注目されるのが利便性の高い住宅

可能性

面積が限られる敷地で重要なのが設計力。建築家による魅力的な住宅を実現

コスト削減

面積が小さいことで建設コストを抑えられ、資金計画もしやすくなる

[ INDEX ]

目次

ジェイホームズで建てる狭小住宅について
以降詳しく解説していきます。
ご覧になりたいボタンをクリックすると移動します

[ Key Points ]

狭小住宅のポイント

土地の価格が下がるメリットがある

狭小住宅は敷地面積が小さくなることから土地取得の費用を抑えることができます。

  • 人気の高いエリアや利便性の高いエリアの土地価格は比較的高いですが、コンパクトな土地を取得して狭小住宅を建てれば、実現の可能性が高まります。
  • 土地の面積が小さいことは、税金を安く抑えられるなどのメリットもあります。
土地の価格が下がるメリットがある
おしゃれな注文住宅が実現できる

おしゃれな注文住宅が実現できる

狭小な土地であっても、工夫次第でおしゃれで快適な注文住宅を建てることができます。

  • 狭小地であるからこそ、無駄のない合理的な設計・施工を実施することで、暮らしやすい住まいになります。
  • 狭小住宅こそ、建築家による豊かな設計力、提案力により、オンリーワンのデザイン住宅を実現します。

コストパフォーマンスがよい

狭小住宅は全てがコンパクトなので、コストパフォーマンスの高い住宅を実現することができます。

  • 狭小住宅では、住宅の建設費(イニシャルコスト)を抑えることができます。
  • 狭小住宅では、住宅の光熱費や税金等(ランニングコスト)を抑えることができます。
コストパフォーマンスがよい
暮らしやすい

暮らしやすい

狭小住宅はコンパクトなので、暮らしやすい住宅を実現することができます。

  • 狭小住宅は面積が小さいので動線が短くなり、暮らしやすさや家事のしやすさにつながります。
  • 狭小住宅は面積が小さいので、掃除やメンテナンスの軽減につながります。
[ Case Description ]

事例解説

間取りのアイデア:スキップフロア

狭小住宅でスキップフロアで空間構成された事例です。

  • 空間の広さを視覚的に広げる方法のひとつとして採用されるのがスキップフロアです。
  • 家の中に「1.5階」「2.5階」となるようなスペースをつくり、段差を設けることで見た目にも広く感じられるのがスキップフロアの魅力です。
  • スキップフロアで生まれた段差の下部には、収納スペースを設けたりすることもできます。

間取りのアイデア:中庭

狭小住宅で中庭を設けた事例です。

  • 狭小住宅でもあえて中庭をつくる設計手法もあります。例えば、間口が狭く奥行きが長い敷地である場合、明るさや風通しを良くする方法として中庭が有効です。
  • 中庭は、広さを感じさせてくれるだけでなく、屋外での活動を楽しむなど日常的に自然を感じることもできるようになります。

間取りのアイデア:地下室

狭小住宅で地下室を設けた事例です。

  • 長く住むことを考えて多少コストをかけても良いという考えであれば、地下室をつくることで、さらに空間を増やすことができます。
  • 地下室は、映画鑑賞や楽器演奏のための趣味の部屋にすることもできます。
  • 湿気や雨に対応できる設備を設けて静かな寝室にもできます。

間取りのアイデア:ルーフバルコニー

狭小住宅でルーフバルコニーを設けた事例です。

  • 開放感あふれるルーフバルコニーを屋上に設けることで、自然を感じる屋外空間となり、暮らしに潤いをもたらします。
  • ルーフバルコニーは、ウッドデッキを設けるなどして、多目的に利用できるスペースになります。

間取りのアイデア:ビルトインガレージ

狭小住宅でビルトインガレージを設けた事例です。

  • 狭小地に建てる3階建て住宅の場合、1階部分にビルトインガレージを設けることができますので、駐車スペースを確保できます。
  • ガレージ部分の天井を低くすることで上階に天井の高い空間をつくることができます。

間取りのアイデア:造作家具

狭小住宅で造作家具を設けた事例です。

  • 面積が制限される狭小住宅を充実させるためには、造作家具がおすすめです。
  • 設計段階で、棚やクローゼット、キッチン収納等まで、空間に適したこだわりの家具を作ることもできます。
  • 造作家具により、住宅のデザインに合う家具がなかなか見つからない、家具が搬入しづらいといった問題を回避でき、空間をより良く活用することができます。
[ Construction Examples ]

狭小住宅 施工事例

[ こだわりのステンドグラスが映える ]

無駄のないスマートハウス

無駄のないスマートハウス - こだわりのステンドグラスが映える
[ 雑貨店と大きな吹抜けのある明るい住宅 ]

ナチュラルなテイストの店舗併用住宅

ナチュラルなテイストの店舗併用住宅 - 雑貨店と大きな吹抜けのある明るい住宅
[ 遠方で実現した家づくりのコラボレーション ]

物見櫓をイメージした和モダンなデザイン住宅

物見櫓をイメージした和モダンなデザイン住宅 - 遠方で実現した家づくりのコラボレーション
[ モダンなデザインと大工のてしごとのコラボレーション ]

家づくりのプロの自邸で実現したデザイン住宅

家づくりのプロの自邸で実現したデザイン住宅 - モダンなデザインと大工のてしごとのコラボレーション
[ FAQ ]

よくある質問

狭小住宅に関する質問を掲載しております

土地選びで特に注意すべきことは何ですか?

建築基準法等の法規制です。

敷地に関する建ぺい率や容積率によって、建てられる家のボリュームが決まります。

また道路斜線や北側斜線などの高さの規制により、建物の高さが決まりますので注意が必要です。

地下室で特に注意すべきことは何ですか?

地盤の状態です。

地盤調査の結果、軟弱地盤であると地盤改良工事が必要になります。

改良コストも上がりますので、注意が必要です。

暮らしの注意点はどんなことですか?

隣地との間の距離が近くなる(狭くなる)ことです。

騒音対策やエアコンの室外機などの設置も事前に検討が必要です。

将来的に外壁のメンテナンスが必要となった際、足場をかけなければなりませんが、この場合にも敷地ぎりぎりで建ててしまうと厳しいことが予想されるので注意が必要です。

設計の注意点はどんなことですか?

耐震性の確保です。

限られた敷地に住居のボリュームを確保するには3階建てになることがほとんどです。

特に間口が狭く奥行きの長い間取りの場合は、短辺方向の耐力壁が確保しにくくなります。

耐震構法SE構法のように、設計の自由度が高く、耐震性にも優れた工法を採用するなどの対策が必要です。

Jhomesへよくある質問を掲載しております。
[ OUR SERVICES ]

J.homesで建てる

ご相談・資料請求

当社では、本ページにご入力いただきますお客様の個人情報の保護については、最大限の注意を払っております。
フォームに必要事項を入力し、「送信する」を押してください。

    [ our contact details ]

    お問い合わせ・ご相談

    ジェイホームズへのご相談は
    お電話·メール·フォームで承っております。
    お気軽にご相談ください。
    [営業時間 平日8:30~17:30]

    OUR ADDRESS:

    神奈川県横浜市都筑区中川1-6-12

    LINE:

    lineでの個別相談はこちらから

    OUR PHONE:

    045-912-9111