Contact Info

  • 適切に断熱材、サッシ・ドア等を選定し、気密もしっかり行うことが住宅の高断熱化の基本
  • 断熱性能には指標があり、実際にどのレベルまでの断熱性能を目指すのかを設計段階で検証、決定することが重要
  • 断熱は設計や仕様選定だけではなく、性能が正しく発揮される丁寧な施工がポイント

断熱の解説

住宅の断熱で特に重要なことは、開口部の断熱性能を高めることです。なかでも窓は、熱の出入りが大きいので、断熱上の重要なポイントとなります。

断熱の基本

開口部の断熱性能

冬の暖房時に、室内に逃げ出す熱の約6割が窓などの開口部からで、夏の冷房時に、室外から侵入する熱の約7割は窓などの開口部からです。

窓の断熱性能は、ガラスとサッシの組み合わせにより決まります。サッシを木やプラスチックを使った断熱サッシにしたうえで、ペアガラスを入れることが理想ですが、ガラスをペアガラスとするだけでも大きな効果があります。

また、既存の窓の内側に新しく内窓を設置して二重窓にしても、複層ガラス窓と同程度の断熱性能が確保できます。内窓は比較的手軽にできる方法として、マンション等のリフォームにも有効です。

住宅の遮熱

窓の遮熱対策

住宅は以前より断熱化が進んでいるため、一旦室内に熱を入れてしまうと逆にそれを室外に排出することが難しいといえます。そこで夏は冷房機器の効率に影響を及ぼす直射日光による熱を室内に取り入れないように、窓の遮熱対策を実施することが重要です。

具体的なポイントは下記です。

  • 窓の内・外に必要な対策(植栽・ブラインド・遮熱複層ガラスの設置等)をとり、太陽熱を遮断。
  • ブラインド等を設置する場合、窓の外側に取り付ける方が内側よりも3倍近くの効果。
  • 庇やオーニング(日除けテント)の取り付けは、太陽高度の高い南側の窓では特に効果的。

断熱性能の数値

建物全体の断熱性能の指標として「UA値」が、また断熱性能も含んだ保温性能の指標として「Q値」があり、実際にその建物がどの程度の断熱性能を持っているかを知るには、こうした指標を見ることが確実です。

UA値

UA値UA値は、断熱材や柱、梁など住宅を構成する全ての素材の性能や厚み、窓の性能を数値化し、壁・屋根・基礎・窓の部位ごとの熱が逃げていく量の平均値を出して、そこに面積を乗じて集計し、家の外と中で1度の温度差がある際に、熱が出ていく総量を出します。

その数値を家全体の表面積(東西南北の壁・屋根・基礎・窓)の合計で割ったものがUA値です。

Q値

Q値UA値のように、部材から逃げる熱量だけでなく、換気によっても熱が外に逃げたり入ったりするので、その熱の量も加味して家全体の床面積で割ったものがQ値という数値になります。

換気が加わることでUA値より実態としての熱の移動に近い数値となります。

ジェイホームズの考える断熱

適切に断熱材を選んで適切に施工することで、建物の保温性は高まり、冬期の大きなメリットが得られます。

そして、省エネで快適な住宅をつくるには、気密もしっかりと行わなければいけません。住宅の気密とは「どれだけ隙間の無い家になっているか?」ということです。気密性能を上げるために、まず寸法の誤差を無くした精密な建材・構造躯体を採用しています。そこに断熱材を入れて気密シートでしっかりと包みます。

また、住宅は電気、ガス、水道などのライフラインの管やコンセントなど連続した壁に穴を開ける箇所も出てくるため、その接合部分の隙間もしっかりと気密テープやウレタンなどで丁寧に施工していく事で隙間の無い住宅を実現しています。手間やコストはかかりますが、快適な住宅を建てるためには必要な事であると考えています。

それがジェイホームズの考える断熱性能の高い住宅です。

断熱性能(保温性能)を高めることによる冬のメリット

断熱性能(保温性能)を高める

  • 少ない熱で部屋を暖めることができる(省エネ性)
  • また暖房していなくても室温が一定に保たれる(快適性、健康性)
  • 暖房している部屋と暖房していない部屋との温度差が小さくなる(快適性、健康性)
  • 窓、床、壁などの表面温度が高く保たれる(快適性)

ジェイホームズの断熱性能の仕様

ジェイホームズでは、高断熱高気密住宅のメリットに加えて、建築地での実際の夏・冬の日当たりや風の入り方を考えて設計することで、健康的で省エネな住宅をご提供したいと考えています。

性能値は「冬暖かく、夏涼しい家」を実現するための、指標のひとつに過ぎないと考えています。

冬も夏も快適に過ごしていただける室温を意識しながら、その時のエネルギー消費量を抑えることを目指しています。

ジェイホームズの断熱性能の仕様

[ Construction Examples ]

施工事例

[ シンプルな美しさを追求した心地良い空間 ]

建物と外構が統一されたデザイン住宅

建物と外構が統一されたデザイン住宅 - シンプルな美しさを追求した心地良い空間
[ 世帯ごとに好みのテイストを実現した設計、インテリア ]

地下室、ロフトを設けた都市型の完全分離型二世帯住宅

地下室、ロフトを設けた都市型の完全分離型二世帯住宅 - 世帯ごとに好みのテイストを実現した設計、インテリア
[ FAQ ]

よくある質問

断熱に関する関する質問を掲載しております

高断熱や高気密による具体的なメリットは?

高断熱・高気密を実施した住宅は、外の暑さや寒さなどの外気の影響を受けにくくなります。

冷暖房が効率よくかかるため、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。

夏や冬などの季節に関わらず、年間を通して快適に暮らせるのが最大のメリットです。

ヒートショックの解決策にもなります。

断熱化による温熱環境は健康面への影響は?

健康と温かい家(=断熱)には関係があります。

日本では交通事故で死亡する人よりも、住宅の中で死亡する人の数が多いという事実があります。

日本の住宅の多くが必要な断熱レベルに届いていない「寒い家」なので、こういった家ではヒートショックの可能性があり、発病リスクが上昇します。

デザインと性能を両立した住宅を建てれば、健康リスクを減らすことができ、光熱費は安く抑えられますし、住まい手にとっては多大な恩恵を得ることができます。

Jhomesへよくある質問を掲載しております。

ご相談・資料請求

当社では、本ページにご入力いただきますお客様の個人情報の保護については、最大限の注意を払っております。
フォームに必要事項を入力し、「送信する」を押してください。

    [ our contact details ]

    お問い合わせ・ご相談

    ジェイホームズへのご相談は
    お電話·メール·フォームで承っております。
    お気軽にご相談ください。
    [営業時間 平日8:30~17:30]

    OUR ADDRESS:

    神奈川県横浜市都筑区中川1-6-12

    LINE:

    lineでの個別相談はこちらから

    OUR PHONE:

    045-912-9111