ZEHって何?これからの省エネルギー住宅のカタチ

サンプル

これからの家づくりの主流として注目されているのが「ZEH(ゼッチ)」。「ZEH」とはネット・ゼロ(Zero)・エネルギー(Energy)・ハウス(House)の略なのですが、いったいどんな家のことなのでしょうか。このコラムで概要をご説明します。

 

家づくりを考えている人なら、「ZEH(ゼッチ)」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

「ZEH」とはネット・ゼロ(Zero)・エネルギー(Energy)・ハウス(House)の略語です。

「ネット・ゼロ・エネルギー」とは、その家で使われる年間の一次エネルギー消費量が正味=「ネット」でゼロになることです。

つまり「ZEH」を簡単に言うと、

①    高い断熱性能と高効率設備を採用し、可能な限り省エネルギー化する

②    太陽光発電システムなどを搭載し、エネルギーを創出する

というステップで、「創出エネルギー」-「使うエネルギー」=0(ゼロ)、または限りなくゼロに近くなった住まいのことなのです。

国は「エネルギー基本計画」の中で「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現する」と目標を掲げています。その達成のために、補助金を出してまでこのZEH化を推進しています。

国がZEH化を進める背景には、エネルギーの危機管理という視点があります。日本では特に東日本大震災以降、エネルギー供給のあり方に注目が集まっています。一般の家がこのZEHに置き換っていけば、大災害が起きてもそれぞれの世帯でエネルギー自給できます。

また、日本全体で使われる総エネルギー量も低く抑えられるため、これまで他国に依存していたエネルギー資源も減ることになり、対外政策の安定化にもつながるかもしれません。

そして何よりZEHはお客様に、省エネ化による経済的なメリット、断熱性の高い家に暮らす快適さをもたらしてくれます。

太陽光など再生可能エネルギーを利用しますので、現状よりも環境に対する負荷が減るところもポイントです。

 

  <まとめ>

エネルギーを大切に使い、ZEHのように高性能の家を建てるという発想はこれからの注文住宅に必要な観点です。必要な仕様、設備の導入に伴うイニシャルコストはかかりますが、ランニングコストで充分に回収できます。経済的なメリットも、健康的な生活も手に入るZEH仕様の注文住宅にしてみてはいかがでしょうか。