Contact Info

[ COLUMN ]

注文住宅で夏の涼しさ確保には日射遮蔽と屋根断熱の徹底が必須

夏の暑さは昔と違いすぎるので窓の開閉ではなくエアコンが重要!

近年、夏の暑さが異常ですよね。

体調管理にはくれぐれも注意してください。

 

家づくりの仕事をしている立場として、夏の涼しさを確保するための注意点をお伝えしたいと思います。

昔の夏はそもそも今ほど暑くありませんでした。

時代や地域にもよりますが、家は今ほど密集しておらず、アスファルトの舗装率も低く、エアコンの室外機も少なく、緑も多かったです。

家電も少なく内部発熱も少なかったことなども考えても、夏は今よりずっと涼しかったと言えます。

エアコンの冷気が苦手な方の中には、寝るまではエアコンで冷房しておいて、寝るときにエアコンを切ってその瞬間に窓を開けて寝るという人は多いのではないでしょうか。

窓を開けるということは、一気に大量の水分が含まれた外気が流れこんできます。今まで、エアコンで使っていたお金と電気を一瞬で振り出しに戻すということなのです。

 

工務店が考える夏の涼しさに関しての対策

これから注文住宅を建てる場合に、今現在の気候、住宅においてどのような住まい方が理想的なのかをお伝えします。

 

まずは、直射日光を徹底的に遮ることが最も重要になります。

設計において、庇もしくはアウターシェード(窓の外側に設けるブラインド)の設置を検討したり、開口部の大きさ、ガラスの種類などを慎重に決定する必要があります。

遮熱カーテンは通常のカーテンよりは効果がありますが、いったん室内に熱が入ってしまうことには変わりません。窓の外側に熱を遮熱できるものを設置するほうがとても有効です。

次の対策は、最上階の屋根もしくは天井の断熱のレベルです。

簡単な目安ですが、グラスウールなどの充填系の断熱材の場合は最低180mm程度、板状の断熱材だと130mm程度は必要かと思われます。

 

住宅の間取りやデザイン、仕様と共に、温熱環境はとても大切な要素です。

「夏涼しく、冬暖かい家」を実現するためには、パッシブデザインを基本として、エアコンなどの設備を適切に使用することが重要です。

 

パッシブデザイン 外観

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジェイホームズのモデルハウスは、高性能な断熱仕様と全館空調により、一年を通じて快適な温熱環境を実現しています。

ぜひ体感してみて下さい。

コンセプトハウス「WHITE CUBES」見学会

ご相談・資料請求

当社では、本ページにご入力いただきますお客様の個人情報の保護については、最大限の注意を払っております。
フォームに必要事項を入力し、「送信する」を押してください。

    [ our contact details ]

    お問い合わせ・ご相談

    ジェイホームズへのご相談は
    お電話·メール·フォームで承っております。
    お気軽にご相談ください。
    [営業時間 平日8:30~17:30]

    OUR ADDRESS:

    神奈川県横浜市都筑区中川1-6-12

    LINE:

    lineでの個別相談はこちらから

    OUR PHONE:

    045-912-9111