Contact Info

[ COLUMN ]

外断熱工法 ・ 外張り工法 <モデルハウスの紹介 7>

2ヵ月もご無沙汰をしてしまいました。

多くの方がブログを楽しみにしていただいている(?)のに、申し訳ないことです。

今回は、前回の予告通り外断熱工法(外張り工法)についてお話しします。

ご存知の方も多いと思いますが

建物の断熱は、外壁の外側でバリアを施すのが合理的です。

内断熱は、建物の壁体内まで外気の影響を受けるため

結露が発生した場合、壁の中に発生するということなんです。

工事の手間は掛かりますが、断熱・気密の施工状況は全て目視で確認することができるため

期待する効果に対する信頼は高い!(勿論、まじめに・丁寧に施工することが前提ですが…)

それでは、施工状況を順を追って紹介しましょう。

◆外壁に断熱材を施工

柱の外側に構造用合板を施工、その外側に板状の断熱材を施します。

668

506

断熱材表面に遮熱材が施されています。(念入りです! 美しい!)

◆気密テープの施工

670

断熱材の継手、接続部分は全て気密テープにより隙間を無くします。

(キッチリ貼っています!)

(これでは空気の侵入するスキが無い!)

◆通気層の施工

531

断熱材に通気用の部材を施工しています。

この部材に構造用合板を施工します。これにより、断熱材と合板との間に18㎜の隙間が空きます。

(これを通気層というんです。 断熱性能、遮熱性能に効果を発揮します!重要なんです! )

◆構造用合板、サッシュの施工

756

545

構造用合板が施され、さらにサッシュが取付けられます。

サッシュには更に防水テープが貼られます。

サッシュの下側も雨対策も施されています。(完璧です!)

この上にモルタルを施工し、外壁を仕上げます。

以上、大変丁寧な施工でした。

大工さん、ありがとうございました。

こちらの記事もご覧いただいております。

ご相談・資料請求

当社では、本ページにご入力いただきますお客様の個人情報の保護については、最大限の注意を払っております。
フォームに必要事項を入力し、「送信する」を押してください。

    [ our contact details ]

    お問い合わせ・ご相談

    ジェイホームズへのご相談は
    お電話·メール·フォームで承っております。
    お気軽にご相談ください。
    [営業時間 平日8:30~17:30]

    OUR ADDRESS:

    神奈川県横浜市都筑区中川1-6-12

    LINE:

    lineでの個別相談はこちらから

    OUR PHONE:

    045-912-9111