Contact Info

[ COLUMN ]

デザイン住宅は建築化照明で空間に奥行きを。モデルハウスの照明計画(後編)

サンプル

デザイン住宅の照明では「建築化照明」をうまく設計していくことがポイントです。建築化照明とは、建築の造作などの一部に間接照明を組み込むことです。建築家が手がけるデザイン住宅では多用される定番の照明方法ですが、実はそれほど難しいものではありません。天井や壁の造作の一部を変更し、そこに照明を組み込むことで実現できるのです。このコラムでは、ジェイホームズのモデルハウスの建築化照明についてその詳細をお伝えします。

 

建築化照明のテクニック:天井を伸ばして間接照明をつくる

サンプル

上の写真はジェイホームズのモデルハウスの主寝室です。天井の一部を伸ばして間接照明としています。天井を伸ばした部分の先端には立上りをつくることで、照明そのものが見えないように工夫しています。天井を照らした光が柔らかな光となって空間を包み込みます。

寝室の照明を計画する場合、寝た状態で直接照明が目にふれないようにしておいたほうが快適さを保てます。ベッドサイドに手元灯として壁付けの照明も設置して使い勝手に配慮しています。

 

高齢者世帯の照明は複数の照明器具を設置して明るさの可変に対応

サンプル

上の写真はジェイホームズのモデルハウスの親世帯のリビングダイニングです。天井の高さを2つに分けて、低いほうの天井上部に間接照明を組み込んで天井を明るく照らし、天井内にはダウンライトを設置しています。ダイニングテーブルの上部にはペンダントライトを設置しています。

親世帯の照明計画においては、視機能は加齢と共に衰えていきますので、複数の照明器具を設置することで、明るさの可変と省エネに対応できるように計画しました、

 

デザイン住宅の水廻りは間接照明に最適

サンプル

住宅の水廻りの多くは、読書や家事など細かい作業を必要としないため、比較的間接照明で大胆に計画しても問題ないことが多いのです。水廻りの冷たい仕上げを和らげるような、雰囲気重視の照明計画がおすすめです。

上の写真はジェイホームズのモデルハウスのトイレです。手洗い器がある面の壁を、青いモザイクタイルを貼り、横長の鏡の裏側に照明を仕込んでいます。モザイクタイルが照明の光に反射して、より光沢を帯びた印象を空間に与えています。

 

<まとめ>

住宅の照明の主な役割には、安全性の確保、明視性(物がよく見える)、快適性(光による生理的、心理的効果)、演出性(楽しさ)という4つの効果があります。従来の住宅の室内照明に多かった1室1灯照明では、安全性と明視性を満たすことはできますが、快適性と演出性を満たすことはできません。デザイン住宅の照明計画では、建築化照明の手法を用いることで、ワンランク上の照明テクニックを実践でき、室内の空間を美しく快適に照らすことができます。

ジェイホームズのモデルハウスにお越しいただいて、建築化照明による空間を体感してみてください。

ご相談・資料請求

当社では、本ページにご入力いただきますお客様の個人情報の保護については、最大限の注意を払っております。
フォームに必要事項を入力し、「送信する」を押してください。

    [ our contact details ]

    お問い合わせ・ご相談

    ジェイホームズへのご相談は
    お電話·メール·フォームで承っております。
    お気軽にご相談ください。
    [営業時間 平日8:30~17:30]

    OUR ADDRESS:

    神奈川県横浜市都筑区中川1-6-12

    LINE:

    lineでの個別相談はこちらから

    OUR PHONE:

    045-912-9111