Contact Info

[ COLUMN ]

地下にはスタジオ。屋上はバルコニー。モデルハウスの間取り紹介(地下、屋上編)

サンプル

ジェイホームズのモデルハウスは、2世帯住宅です。地下室は主に子世帯の主寝室や収納、スタジオのスペースとして計画しました。屋上にはルーフバルコニーを設けています。

そこで本コラムでは、ジェイホームズのモデルハウスの地下室の間取りと屋上を、空間別に写真を掲載してご説明します。

ジェイホームズの考える「趣味を楽しむ」の専用ページはこちらです。

 

地下室は防音・音響性能の高いスタジオと主寝室、そしてたっぷりの収納

サンプル

上の写真は、1階の子世帯から階段で地下室の廊下に降りたところです。1階と同様に階段上部のトップライトからの光が地下室にまで届き、柔らかい光を落としてくれます。

 

サンプル

上の写真は、地下室のスタジオの写真です。地下室は鉄筋コンクリート造ですので、真夜中でも大音響で音楽を聴いたり映像を楽しむことができます。木造住宅の場合、高い防音性のあるスタジオをつくることは困難ですが、地下室を利用することで高い防音・音響性能のあるスタジオをつくることができます。

 

サンプル

上の写真は子世帯の主寝室です。間接照明で部屋を優しく照らしています。窓の先にはライトコートがあります。

 

サンプル

上の写真は、地下室のライトコートから上部を見上げた写真です。このライトコートにより、地下室に光や風を取り入れることができます。

 

屋上は街の景色を一望できるルーフバルコニー

サンプル

上の写真は、屋上の写真です。左側に見えている黒い壁の部分は塔屋で、屋上へはホームエレベーターでアクセスできるようになっています。

屋上の一部をルーフバルコニーにしています。ルーフバルコニーの範囲には、スチールの手すりを設けて、外観のデザインとのバランスを考慮しています。

屋上を設ける場合、防水の対策が必須となります。防水性の高い工法を採用し、通常の排水口に加えて、オーバーフロー用の開口を4箇所設けて、万一の場合に備えてあります。

 

<まとめ>

注文住宅で地下室をつくる場合、湿気や排水の対策が必須となります。地下室のライトコートはドライエリアとして光や風を取り込むと共に、換気の役割を果たす空間でもあります。ライトコートに降り込む雨水は、排水ピットを設けて釜場から排水ポンプでポンプアップするなどの対策が必要です。

ジェイホームズのモデルハウスでは、デザイン住宅として「目に見えるところ」と、注文住宅の性能を支える「目に見えないところ」の両方を実際に見ることができます。モデルハウスを見学いただければ、実物をご覧いただきながら詳細なご説明をさせていただきます。ぜひお気軽にご来場ください。

こちらの記事もご覧いただいております。

ご相談・資料請求

当社では、本ページにご入力いただきますお客様の個人情報の保護については、最大限の注意を払っております。
フォームに必要事項を入力し、「送信する」を押してください。

    [ our contact details ]

    お問い合わせ・ご相談

    ジェイホームズへのご相談は
    お電話·メール·フォームで承っております。
    お気軽にご相談ください。
    [営業時間 平日8:30~17:30]

    OUR ADDRESS:

    神奈川県横浜市都筑区中川1-6-12

    LINE:

    lineでの個別相談はこちらから

    OUR PHONE:

    045-912-9111