Contact Info

[ COLUMN ]

横浜で建てる注文住宅の資金計画ケーススタディ

横浜で建てる注文住宅の資金計画ケーススタディ

見積もりだけでここまでやるの? 「正直価格の根拠」を無料E-BOOKにて公開中!

横浜といえば何をイメージしますか?

みなとみらい、中華街、赤レンガ倉庫、山下公園、横浜マリノスや横浜DeNAベイスターズ・・・。

横浜市は、観光資源も豊富で歴史ある港町があり、浜っ子と呼ばれる市民に愛される美しい街並みと、神奈川県の経済の中心として全国2位のGDPを誇る政令指定都市です。

  • 住みたい街ランキングで上位
  • 緑豊かな自然環境
  • 暮らしに便利な商業施設が充実
  • 自治体の子育て支援が手厚い
  • 都内へのアクセスが良くベッドタウンにもなる
  • 東京に比べて土地や賃料が安い

上記のように全国でも有数の住環境に整備された横浜市は、注文住宅の新築ニーズも高く、ジェイホームズは横浜市を拠点に注文住宅の設計、施工を行っています。土地探しも私たちの大切な仕事の一つです。

今回は「家を建てるプロ」の視点から横浜市の住環境を検証して、横浜市で注文住宅を建築する際の資金計画のケーススタディを紹介したいと思います。

 

横浜市の基本情報

横浜市は東京湾に面した神奈川県の県庁所在地で、18の行政区から成り立っています。1859年の横浜港開港から150年、日本を代表する国際港湾都市として、また京浜工業地帯の中核都市として首都圏の産業やビジネスを支えています。

  • 青葉区
  • 旭区
  • 泉区
  • 磯子区
  • 神奈川区
  • 金沢区
  • 港南区
  • 港北区
  • 栄区
  • 瀬谷区
  • 都筑区
  • 鶴見区
  • 戸塚区
  • 中区
  • 西区
  • 保土ケ谷区
  • 緑区
  • 南区

横浜市の面積は435.5㎢で神奈川県の約18%を占めています。人口は約376万人(2020年5月現在)で市では日本最多です。

戦後から今日まで人口の増加を続けており、将来人口推計では港北区、西区、鶴見区は今後も人口の増加が続き2036~2042年にピークを迎えると予測されています。

現在の横浜のトピックスとしては、統合型リゾート(IR)誘致のニュースでも話題になりました。市の花はバラです。

 

横浜市の住みやすさ、人気の理由

冒頭でも述べたように、「住みたい街」のイメージが先行しがちな横浜市ですが、実際の「住みやすさ」はどうなのでしょうか?

注文住宅の新築は土地探しからスタートします。

土地探しは立地や環境など、オーナー様のライフスタイルや価値観に合った条件でなければなりません。横浜市はほんとうに便利で快適、質のよい暮らしができる街なのでしょうか?

横浜で注文住宅を建て続けてきたジェイホームズが横浜市のリアルな住みやすさを検証します。

 

交通アクセス

横浜市は交通網がとても発達していて、神奈川県内の移動はもちろん都心へのアクセスも良好です。横浜市と都心部は約30~40km圏内で、ターミナル駅の横浜駅から渋谷、新宿などの主要駅は30分程度でつながっています。

羽田空港、成田空港へも電車、バスを使って乗り換えなしの1本で到着できます。羽田空港へは約30分(電車:京急線エアポート バス:YCAT)、成田空港へは90分前後(電車:成田エクスプレス バス:YCAT)です。

鉄道、空港、道路と発達した交通網で、国内外へ効率よく移動できることに加え、都心部に比べて比較的安い賃料も、ベットタウンだけでなく、多くの企業が横浜市にビジネスの拠点を置く理由といえます。

  • JR:東海道新幹線 東海道本線 横須賀線 京浜東北線 根岸線 横浜線 南武線 鶴見線
  • 京浜急行電鉄(京急):本線 逗子線
  • 東京急行鉄道(東急):東横線 目黒線 田園都市線 こどもの国線
  • 相模鉄道(相鉄):本線 いずみ野線 相鉄新横浜線
  • 横浜高速鉄道:みなとみらい線
  • 横浜市営地下鉄:横浜市営地下鉄ブルーライン 横浜市営地下鉄グリーンライン
  • 横浜シーサイドライン:金沢シーサイドライン

 

治安

横浜市は買い物や子育てに便利だったり、落ち着いた雰囲気の地域もあり、治安の良さと相まって人気があります。地域差はあるものの、横浜市は全体的に治安が良い街といえます。

横浜市は面積も広く、多様な街があります。昔からの繁華街や商業地域では犯罪やトラブルが比較的多くなる点、警備や防犯対策がしっかり取られている住宅街でもひったくりや盗難、振り込め詐欺には注意が必要です。

 

景観

横浜市 景観
横浜市は大都市でありながら、自治体によって公園や緑道が数多く整備され、景観の美しい街並みが維持されています。開発が郊外でも進み、緑地は減少傾向にありますが、令和2年度の横浜市全体の緑被率は27.8%と1/4以上を緑地が占めています。

※緑被率=航空写真から300㎡以上のまとまりのある緑を目視判読し、市域面積に占める割合を算定した値(横浜市の場合)

横浜市の緑化施策は様々あり、みどり税を導入して緑地の保全指定や買い取りをしたり、「緑の環境をつくり育てる条例」によって、工場立地法の適用外の臨海部で「京浜の森づくり事業」を行うなど街の緑化に取り組んでいます。

また、横浜市景観ビジョンを掲げ、街並みや自然環境の整備について指針を設けて、歴史的建造物の保全活用や街の夜間景観、屋外広告物への配慮など市全体で都市計画を進めています。

 

教育・子育て

横浜市はファミリー層も多く住んでおり、子育てや教育に便利な環境が整っています。

  • 家族連れでのびのびと楽しめる公園や河川、レジャー施設
  • 教育水準の高い学校が大学だけでなく小中学校でも数多くある
  • 進学に向けた学習塾や習い事が充実している
  • 幼稚園、保育園の数も多く、待機児童の解消に向けた自治体の取り組みも進む
  • 各エリア、駅前で大型商業施設やスーパーが立ち並び、買い物に困らない
  • 駅前で子育て支援サービスが利用できる
  • 自治体の手厚い「子ども・子育て支援新制度」
  • 東京より落ち着いた環境でコストを抑えた子育てができる

など、子育てをサポートする環境に加え、治安の良さや交通の便も相まって、横浜市はファミリー層に人気の街となっています。

 

災害

横浜での土地探しを考える際にまず考えなければならないのが、その地形の複雑さです。

横浜市は多摩・三浦丘陵の中央部に位置し、その主稜線が市の中央部よりやや西側をほぼ南北に縦断しています。この主稜線は分水嶺となり、主にここを源流として、東京湾には鶴見川、入江川、滝の川、大岡川、宮川、侍従川が流れ、相模湾側には境川とその支流が流れます。そして臨海部には、下末吉台地が、かつての海岸線の名残を留める崖線として屏風のように広がっています。

横浜市はハザードマップの作成と公表を行っています。横浜市は面積が広いこともあり、各区ごとにハザードマップの作成と公表が行われています。

ハザードマップは、梅雨時期の集中豪雨や台風に伴う豪雨などにより、土砂災害が発生した場合に被害がおよぶおそれのある区域を示し、土砂災害が予想される場合や土砂災害が発生した場合に、避難などの適切な行動をとることができるように作成したものです。

 

横浜市の土地探し

横浜市の住みやすさ、環境について情報が集まったら、ご自身が住みたい街や注文住宅を建てたいエリアを絞り込んでいきましょう。

注文住宅の建築計画は、まず土地探し・土地購入から始まります。

通勤や通学、子育てに合った立地条件、建てたい家に合った土地の条件や法規制、建物と土地を合わせた資金計画、住宅ローンの手続きなど、土地選びには専門的なサポートが必要になります。

地域の物件情報や周辺環境に精通した不動産会社と密に連携している、信頼のおける工務店やハウスメーカーと一緒に探すと良いでしょう。

失敗しない土地探しとしては、希望条件の優先順位と予算を明確にして、家を建てる住宅会社(工務店やハウスメーカー)を決めてから、自分の希望条件を理解しているプロと土地を探すことをおすすめします。

関連記事:【注文住宅の土地探し】希望通りの家が建つ土地を見つけるコツ

 

土地探しをする前に

横浜市の土地価格はエリアによってもかなり異なります。横浜市は面積も大きく、都心部に通勤しやすいエリアもあれば、緑が豊かなエリアもあるなど、いろいろな土地の選択肢がある地域です。

自分が描く「理想の暮らし」のイメージを大切にしながら、希望に合った土地と出会うまで、根気強く探すことが重要です。そしてその地域、土地にふさわしい家づくりを実践することが大切です。

とても気に入った土地と出会っても、変形地、高低差のある土地などの場合もあります。そうした場合は建築家による設計力でその土地の魅力を引き出し、自分らしい住宅を立てることも可能です。

関連記事:工務店が「建築家、設計事務所」と協働する本当の理由~美しく強い注文住宅~

 

資金計画ケーススタディ 土地価格4000万円台

横浜市 資金計画のケーススタディ

では、実際に横浜市で土地を購入し、注文住宅を建てる場合のケーススタディとして、土地購入費4,800万円を含めた資金計画を見てみましょう。土地と建物を合わせた予算を9,450万円に設定しました。

 

横浜市で建てる注文住宅の資金計画ケーススタディ

  • 総予算(土地、建物の金額) ・・・ 9,450万円
    内訳 ・・・ 自己資金1,450万円、銀行ローン8,000万円
  • 土地 ・・・ 40坪(約132.5㎡) / 建ぺい率60% / 延床面積:45坪(約148㎡)
  • 建物 ・・・ 2階建て注文住宅(駐車場1台分)

横浜市で建てる注文住宅の資金計画ケーススタディ

資金計画のポイント

土地の購入から注文住宅が完成するまでに、次のような費用が必要になります。

<土地購入費>

・不動産会社に支払う費用です。実際には、土地購入代金とは別に購入諸費用がかかります。

<建築本体工事費>

・注文住宅の建築にかかる費用の割合は、建物本体工事費が7割、付帯工事費が2割、諸費用が1割ほどの割合になることが多いといわれています。

<付帯工事>

・地盤の補強など不確定要素が強い項目や、上下水道引き込みなど役所が関わる項目、外構工事などを別途に発注した場合に直接支払いが発生する工事などが該当します。

<設計料>

・建築本体工事費の10%前後の費用がかかります。

<諸費用>

・家の本体工事や付帯工事以外にもかかるいろいろな費用がかかります。

関連記事:注文住宅の資金計画の立て方|予算は自己資金とローン返済額で決まる!

 

家づくりの予算の考え方

家づくりの資金計画は、家を建てるのにいくら必要かというコストの把握と、必要なお金をどう準備するかという両面から検討する必要があります。

自己資金と住宅ローンの借り入れ額の合計=「予算の総額」を設定してみてください。その予算で実現できる注文住宅の計画を一緒に考えていきましょう。

自己資金と住宅ローンの返済額が把握できたら、資金計画を決めることができます。予算で決めた住宅購入価格をもとに、土地の調査を始めたり、住まいのデザイン、イメージを具体的に考えていきましょう。

関連記事:【注文住宅のローン】土地購入からの流れを金利、つなぎ融資について解説

 

ジェイホームズについて

ジェイホームズ 注文住宅

ジェイホームズは神奈川県、東京都を中心に注文住宅の設計・施工を行っている工務店です。

プロから評価の高い建築家、建築設計事務所とチームを組み、デザインと機能性、安全性を両立させた「強く、美しい家」を精度の高い施工力で建てています。

ジェイホームズ 注文住宅の完成事例

設計、施工はもちろん、土地探しからオーナー様の住まい作りをお手伝いしています。地域に広いネットワークを持つ不動産会社と連携して、オーナー様の予算や希望条件にあった土地が見つかるまで徹底的にリサーチする体制が強みです。

ジェイホームズからは代表の牧野や建築家が現地の視察に同行して、土地の形状、周辺環境から「家を建てるプロ」の目線で土地を吟味、調査します。オーナー様の要望を叶えられる土地なのか、どうすれば実現できるかを設計や工法、法的な側面からも考えながらオーナー様のお悩みや疑問にお答えします。

すでにお持ちの土地や、ご自身でリサーチした土地をジェイホームズにご相談いただくことも可能です。現地を一緒に視察しながら、ご希望条件やご予算にあったプランニングをご提案いたします。

横浜市での土地探しや注文住宅の建築計画について、お気軽にご相談ください。

住みたい家、住みたい環境にぴったりの土地探しからサポートします。

ジェイホームズへの土地探しのご相談 

現地を一緒に視察しながらご相談

 

ジェイホームズ株式会社

〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川1-6-12

TEL 045-912-9111(平日8:30~17:30)

カタログ請求

メールやお電話でのご相談

完成物件、建築中物件の見学

ご相談・資料請求

当社では、本ページにご入力いただきますお客様の個人情報の保護については、最大限の注意を払っております。
フォームに必要事項を入力し、「送信する」を押してください。

    [ our contact details ]

    お問い合わせ・ご相談

    ジェイホームズへのご相談は
    お電話·メール·フォームで承っております。
    お気軽にご相談ください。
    [営業時間 平日8:30~17:30]

    OUR ADDRESS:

    神奈川県横浜市都筑区中川1-6-12

    LINE:

    lineでの個別相談はこちらから

    OUR PHONE:

    045-912-9111