Contact Info

[ COLUMN ]

葉山町で建てる注文住宅|価格と魅力【東京から1時間圏内のテレワーク】

ナチュラルなテイストにビビットなカラーがアクセント

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため緊急事態宣言が出されて以降、テレワークが導入された企業が急増しました。内閣府が2020年6月に公表した新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査では、東京23区の20%以上の就業者が100%のテレワークを実施している結果となっています。テレワーク中心(50%以上)、定期的にテレワーク(出勤中心50%以上)を含めると半数以上になります。

政府のテレワーク関連の支援制度が2021年度からスタートするなど、東京での勤務先や仕事は変えずに地方に移住する働き方に関心が集まっているようです。

このコラムでも「都内から1時間圏内の移住とテレワーク」をテーマに鎌倉、藤沢、逗子と特集してきましたが、今回は湘南の最東端「葉山」にスポットをあてて、葉山で建てる注文住宅について事例をもとに土地探しから人気のデザイン、資金計画、住みやすさまで移住にまつわることをまとめました。

関連記事:

テレワーク対応の注文住宅|ワークスペースのある間取りの実例3選

鎌倉で建てる注文住宅|価格と住みやすさ【東京から1時間圏内のテレワーク】

藤沢市で注文住宅を建てる|価格と住みやすさ【東京から1時間圏内のテレワーク】

逗子市で注文住宅を建てる|価格と住みやすさ【東京から1時間圏内のテレワーク】

 

 

葉山町で建てる注文住宅

葉山町で建てる注文住宅

葉山は湘南エリアでも小さな町ですが、夏は涼しく、冬は暖かい気候、海と山がすぐ近くにある自然環境、どこか懐かしいのどかな雰囲気と洗練されたおしゃれな街並みが混在した独特の魅力にあふれています。

政財界の有力者が別荘を構えるリゾート地、高級住宅街といったイメージがあるかと思いますが、それは海沿いや高台など葉山の一部です。ラフなファッションの人も多く、「富裕層の町」といった印象はありません。

子育てしやすい住環境が整っている葉山は、もともとファミリー層の移住が多い町です。

葉山に惹かれて家族と一緒に首都圏から移り住む注文住宅の施主様には、会社経営者の他にもデザインや芸術に携わるクリエイターや、芸能関係者、フリーランスといった感性豊かな人々も多く、葉山の景観と調和しつつも個性を上手く表現した外観やレイアウトの注文住宅が特徴的です。

週に2,3度、東京と葉山を行き来するワークスタイルはメリハリも生まれ、葉山で感じる自然豊かな季節の移ろいと穏やかな時間が刺激にもリラックスにもなって、仕事のアイデアが生まれることもあるでしょう。

 

ジェイホームズの家づくりのポイントはこちらです。

 

 

葉山町に注文住宅を建てるメリット、デメリット

葉山町に注文住宅を建てるメリット、デメリット

メリット

葉山というと、美しい海と穏やかな気候、落ち着いた雰囲気が魅力の人気観光地でもあります。都心からも気軽に行けるリゾートで、葉山マリーナ、一色海岸などの定番観光地やおしゃれなカフェ、レストランなどあります。

遠くに見える山々と岩礁が織りなすビーチは魅力的です。相模湾を一望できる高台からのパノラマビューなど、心を揺さぶる絶景ポイントが数多く存在するのが葉山の魅力のひとつであり、高い人気を誇る理由です。

人気のエリアには購入できる土地がなかなか出ないこともあるので、土地探しには早めに住宅会社を相談することがポイントです。

自然との調和に取り組む葉山では、豊かな自然を守るため多くの住宅規制が存在しますので注意が必要です。注文住宅とはいえ、好き勝手なデザインは周辺住民からの反感を買いかねないですので、葉山に適したデザインの注文住宅を建てるように心がける必要があります。

 

葉山町の注文住宅で人気の間取り、デザイン

リタイア後の生活、二拠点生活の場所にと都心からの移住に人気の葉山。

静かな時間の流れに調和したデザイン、いつでも海や緑が見える眺望、自然素材を取り入れた建具や造作を湘南の気候風土に合った木造建築で建てるスタイルが葉山の家づくり、注文住宅に共通しています。

海や緑に面した開口部は柱や壁をなくして開放的な眺めとともに外とつながり、明るく快適な空間に欠かせない採光と風通しをもたらしてくれる広がりのある間取りは人気があります。

自宅での仕事は書斎、あるいは邸内に事務所として活用できる空間を設けてオンとオフを明確に分けた間取りも経営者やクリエイター、フリーランスの方々を中心に好まれています。下記はその一例です。

 

壁一面のカウンターをワークスペースに

個室の吹き抜けに面した壁に開口を設けることで、家の内部とのつながりを感じながら仕事ができるワークスペースです。個室にあるスペースですが余計なものが目に入らず、自然と意識がデスクに向いて、作業や読書に集中できます。仕事と休息の切り替えもすぐにできます。

 

山側の豊かな環境で緑を楽しむ暮らし

山側の豊かな環境で緑を楽しむ暮らし

葉山でも海から離れた場所であれば比較的広い敷地を取得しやすくなります。山間部の住宅地も多くありますので周辺に緑が豊かな敷地も多いです。外部に対して大きな開口部を設けることで、美しい景色を室内から眺めることができます。

 

木の温もりを感じられる外観デザインの住宅

木の温もりを感じられる外観デザインの住宅

シンプルな外観に木を貼った外壁がアクセントになっています。葉山の雰囲気には、モダンデザインにナチュラルな要素を加えたテイストが好まれます。

 

デメリット

葉山は歴史のある住宅地でもあります。住環境やブランドイメージを守るため、さまざまな住宅規制が設けられています。

葉山には高度地区に指定されているエリアがあり、このエリアにおいては建築物の高さが制限されています。定められた内容に適合した建築物でないと建てることができないため、しっかりと情報を知っておくことが重要です。

葉山では近郊緑地特別保全地区に指定されているエリアもあります。この近郊緑地特別保全地区とは、豊かな自然のある街を維持するためのものです。このエリアに家を建てる場合、「敷地面積の20%以上に植栽をする」といった決まりを守らなくてはなりません。

このような制約がありますので、葉山での家づくりには注意が必要です。

 

地滑り

葉山には地滑りといわれる地盤の弱い場所があります。

軟弱地盤にそのまま住宅を建ててしまうと、建物の重みで地盤が不均等に沈む「不同沈下」といわれる地盤沈下が起こります。建物にゆがみや傾きが生じて壁にクラックができたり、ドアや窓の建付けが悪くなったり、めまいや肩凝りになったり、自律神経に影響することもあります。

不同沈下の修復には建物と同じくらいの費用がかかります。資産価値が下がる原因にもなる不同沈下を起こさないためにも、土地探しの段階で不動産会社、あるいは工務店としっかり地盤調査を行い、改良工事の有無を専門家に判断してもらいましょう。

沈下しやすい土地には共通した特徴があります。

葉山の地形や土地の特性に詳しい地元の不動産会社、あるいは工務店に相談すると良いでしょう。

 

交通アクセスと道路事情

葉山町には鉄道が走っておらず、駅もありません。隣町の逗子駅、逗子・葉山駅などが最寄り駅になるため、駅までのアクセスがバスか車になります。

駅から首都圏、近隣主要駅へは1時間圏内ですが、周辺の道路事情は混雑しがちです。

バスは朝と雨の日は必ず混み合うので、余裕をもって出発しなければなりません。

車があれば買い物や移動が楽ですが、狭い道が多く、一度迷うと抜けるのに苦労します。人の少ない海辺もハイシーズンになれば、それなりの人出があり、海沿いの国道134号線の渋滞は風物詩となっています。

また、ガソリンスタンドが少ない点は覚えておきましょう。

交通の便が気になる葉山ではあるのですが、多少の不便さゆえの静けさ、自然に恵まれた環境が人々に愛され、多くの移住者を惹きつけてやまない葉山の魅力ともいえます。

 

 

葉山町の土地価格の相場と土地探し

葉山町の土地価格の相場と土地探し

令和2年の葉山町の坪単価平均は約47万円です。同じ湘南エリアの鎌倉や逗子、藤沢に比べて葉山の土地価格は安価です。沿岸部が高く、山間部は安い傾向は湘南共通です。

湘南国際村近辺や山頂の高台は高級住宅街になっていて、豊かな住環境でスローライフを満喫している年齢層が高めの方が多く、土地価格も高いエリアです。

葉山の土地は地元では「海側」「山側」と分けて呼ばれており、海側は景観も良く、国道が通って利便性の高い堀内や一色は人気はあり土地価格は高くなりますが、あえて山間部のリーズナブルな土地を探して葉山へ移住する若い世代が増えつつあります。

山側といえ、海まで自転車で20~30分の距離です。海を見渡せる山あいの土地を安価に購入して広々とした注文住宅に住み、ネットショッピングを上手く活用して不便さをカバーしつつ、葉山の四季とゆったりした時間を満喫して自分らしいライフスタイルを実現しています。手つかずの自然が残る里山で育てた野菜を地元の人たちと食料を交換する暮らしを送る、半ば自給自足の方もいらっしゃいます。

 

 

葉山町の狙い目エリア ワンランク上の注文住宅を建てるなら?

葉山町の狙い目エリア ワンランク上の注文住宅を建てるなら?

葉山も面積は意外と広く、海に近いところもあれば山深いところもあります。

住環境や通勤・通学を重視したい方には、「長柄」が候補の一つになります。長柄は公園や店舗もあり、海からも比較的近く、自然と生活環境とのバランスがよいので、暮らしやすい街です。逗子市に接している位置なので、逗子駅や逗子・葉山駅までもバスや自転車でアクセスしやすいです。

海に近いエリアでおすすめなのは「一色」や「堀内」です。一色には一色海岸、森戸海岸、長者ヶ崎もあり、海を楽しむのに適しているエリアです。「堀内」は有名な葉山マリーナもあり、その周辺には全国的にも有名なカフェやレストランがあります。

 

 

葉山町の不動産事情 土地選びに知っておきたいこと

葉山は気に入った立地の土地を購入して建てる完全自由設計の注文住宅が主流です。

注文住宅を建てるには、希望する間取りやデザインを実現できる土地を探すことから始まるのですが、葉山町には自然環境や美しい景観を守るため多くの法規制があります。これらの厳しい条件によって葉山の懐かしさを残しながらも洗練された街並みが保たれています。

葉山町に移住して注文住宅を建てたい人にとってこれらの制限は必ず知っておいてください。

 

葉山町の主な住宅規制

  • 近郊緑地保全区域
    建築物やその他の工作物の新築、改築または増築には行政への届出が必要となる区域です。「敷地面積の20%以上の植栽等を行うよう努める」「建築物・工作物の位置、規模、形態および意匠が周辺の風致と調和するよう努める」など葉山の美しい景観に調和する住宅建築の規制を設けて、区域内の無秩序な市街地化を防いで豊かな自然を守っています。
  • 高度地区指定区域
    葉山には建築物の高さの最高限度または最低限度が定められている地域があります。高度地区は最高限第1種(12m、おおむね4階建ての高さ)と最高限第2種(15m、おおむね5階建ての高さ)がありますが、葉山町西部の山間部以外の沿岸部はほとんどの土地が該当しています。
  • 斜面地における建築物の建築制限制度
    第1種低層住居専用地域では3階、第2種中高層住居専用地域及び第1種住居地域においては4階を超えてはならないと定められています。(建築物が周囲の地面と接する位置のうち、もっとも低い位置から上部の階数)
  • 建築基準法による高さ制限
    景観を守るため、第1種低層住居専用地域では最高高さ制限が10m、第2種中高層住居専用地域・第1種住居地域では12m(1種)、近隣商業地域においては15m(2種)と定められています。
  • 地区計画制度
    「葉山町地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例」によって、決められた広さ以上に土地を分割してはいけないと制限されている地区があります。違反していると、住宅建築に必要な建築確認申請が通りません。
  • 葉山町風致地区
    「一色風致地区」と「大楠山風致地区」があり、風致地区内で建築等の行為を行う時には、葉山町風致地区条例に基づき、葉山町長の許可を受ける必要があります。

葉山町ホームページ 町の計画・施策から

関連記事:【注文住宅の土地探し】希望通りの家が建つ土地を見つけるコツ

 

 

葉山町での土地探し、注文住宅を建てる住宅会社の選び方

葉山町での土地探し、注文住宅を建てる住宅会社の選び方

注文住宅の建築計画は、土地探し・土地購入から始まります。

通勤や通学、子育てに合った立地条件、建てたい家に合った土地の条件、建物と土地を合わせた資金計画、住宅ローンの手続きなど、注文住宅の土地探しには専門的なサポートが必要になります。

特に葉山町は土地を探すのが難しく、様々な法規制への対応が求められ、エリアに精通した知見が必要となります。葉山町の物件情報に強いネットワークがあり、注文住宅の土地探しに実績のある不動産会社と密に連携している工務店と一緒に探すと良いでしょう。

法規制の対象外の土地や、バブル時代に建設された別荘や企業の保養所の跡地が区分けされて売りに出ることもあります。掘り出し物に期待しつつ、「ここだ」と思える土地が見つかるまで根気よく情報を集めましょう。

他にも、ライフスタイルに合った立地も重要です。

例えば、塩害対策のためガレージに設置したシャッターを通勤や送り迎えの度に開け閉めするのは時間も取られてなかなか大変です。駅までのアクセス、家族構成や将来の生活習慣も想定した立地を検討しましょう

 

 

葉山で注文住宅の建築を任せられる住宅会社の条件

葉山の季節ごとに異なる独特の日照条件を考慮した採光や風通し、高台の傾斜地に対応した設計、潮風に強い素材や工法の選択、そして様々な住宅制限など、葉山での住宅建築には実績や知見の豊富な地元の工務店が土地探しから設計、施工、アフターフォローまでを担うケースが大半です。

次のような住宅建築の設計と施工の実績、技術力のある工務店や、設計事務所へ依頼することが重要になります。

  • 潮風や風向き、地形の特性、気候風土に合った設計ができる
  • 塩害や湿気の対策を熟知しており、施工実績が豊富
  • 外断熱工法やZEHなど高断熱、省エネ住宅の施工実績がある
  • 耐震性の高いSE構法や免震工法の施工実績、技術がある

上記の条件を満たしながら、審美性や快適性においても高い水準をクリアできる実力を備えた住宅会社を、施工実績や完成事例を見ていくつか候補先を絞り、住宅相談で提案力や対応力を比較しながら、ご自身の感性や要望に合うか検討しましょう。

  • 景観と調和した、景観を活かした住宅デザインができる
  • 漆喰や無垢材など自然素材の施工実績、技術がある
  • 家族構成やライフスタイルをもとに生活動線や家事動線を考えた間取りを設計できる

 

関連記事:

ゼロから始める注文住宅の工務店選び【プロはここを見る!】

ハウスメーカーと工務店の違いは?注文住宅を建てる建築会社の選び方

 

 

注文住宅ケーススタディ 土地価格3,000万円台の場合

実際に葉山町で土地を購入し、注文住宅を建てられることを想定して、土地購入費3,500万円を含めた資金計画を見てみましょう。土地と建物を合わせた予算を8,050万円に設定しました。

注文住宅ケーススタディ 土地価格3,000万円台の場合

総予算(土地、建物の金額) ・・・ 8,050万円

<内訳 ・・・ 自己資金1,050万円、銀行ローン7,000万円>

土地 ・・・ 50坪/ 建ぺい率60% / 延床面積:40坪

建物 ・・・ 2階建て注文住宅

 

資金計画のポイント

土地の購入から注文住宅が完成するまでに、次のような費用が必要になります。

<土地購入費>

・不動産会社に支払う費用です。実際には、土地購入代金とは別に購入諸費用がかかります。

 

<建築本体工事費>

・注文住宅の建築にかかる費用の割合は、建物本体工事費が7割、付帯工事費が2割、諸費用が1割ほどの割合になることが多いといわれています。

 

<付帯工事>

・地盤の補強など不確定要素が強い項目や、上下水道引き込みなど役所が関わる項目、外構工事などを別途に発注した場合に直接支払いが発生する工事などが該当します。

 

<設計料>

・建築本体工事費の10%前後の費用がかかります。

 

<諸費用>

・家の本体工事や付帯工事以外にもかかるいろいろな費用がかかります。

 

関連記事:

注文住宅の資金計画の立て方|予算は自己資金とローン返済額で決まる!

【注文住宅のローン】土地購入からの流れを金利、つなぎ融資について解説

 

 

葉山町の住みやすさは?

葉山町の住みやすさは?

葉山への移住、土地購入を決める前に住みやすさ、暮らしやすさについて情報は集めましょう。葉山町での生活について、基本的なことをまとめました。移住計画の参考にしてみてください。

 

葉山町の基本情報

葉山町(はやままち)は神奈川県南西部、三浦半島にある三浦郡にあります。三浦郡唯一の自治体で、三浦郡=葉山町です。西側は駿河湾に面した風光明媚な海岸が連なり、北側は逗子市、東と南側は横須賀市に接しています。

人口は32,918人(令和2年9月葉山町)、面積は17.04㎢です。

一色、堀内、長柄、下山口、上山口、木古庭の6つの行政区域に分かれています。中でも一色、堀内、長柄が人口の多い地域です。

有名な葉山の御用邸は一色海岸の近くにあり、皇室の別荘、大正天皇の保養地として1894年に竣工しました。現在の本邸は1981年に再建されました。年に何度か皇室の方々が静養に訪れます。

御用邸のある町として全国的に有名になってからは高級別荘地として人気が集まり、海岸エリアに著名人や芸能人の別荘、自宅が多くあることで知られています。

葉山の静けさは、商業地ではなく保養地や別荘地として発展した経緯も一因ではないでしょうか。

 

交通アクセス

主要駅へのアクセス

<JR>
横須賀線・湘南新宿ライン

逗子駅から、
横浜駅まで29分
川崎駅まで37分
品川駅まで46分
渋谷駅まで58分
新宿駅まで64分
成田空港まで120分

<京浜急行電鉄>
逗子線
逗子・葉山駅から、
羽田空港まで56分

葉山町に鉄道路線はなく、最寄り駅は逗子市内にあるJR逗子駅か京急逗子・葉山駅、もしくは横須賀市の京急汐入駅かJR衣笠駅を利用します。鎌倉、江ノ島など他の湘南エリアへは電車で気軽にアクセスできます。

逗子駅が始発駅になる湘南新宿ラインに乗れば、都内までの1時間ほどを乗り換えなしで座って移動できます。

駅からは都内まで1時間圏内と便利ですが、駅までの移動はバスか車、あるいは徒歩や自転車になります。

バスは通勤時の本数は多いものの、利用には注意が必要です。雨の日や路線によっては朝、駅近くで渋滞することもあります。

 

葉山の便利な暮らしに車は必需品

鉄道路線がない分、葉山での暮らしには車が必須といえます。

道路は整備されていて、車で都内まで約1時間半、逗葉新道から横浜横須賀道路、首都高速を利用すれば23区内に着きます。海岸沿いを走る国道134号線はドライブに最適ですが、夏の海水浴シーズンは大渋滞になりますので、地元のドライバーはなるべく避けて移動します。加えて、葉山は狭い道も多いので慎重な運転が求められます。

大型の商業施設や量販店もないため、町外に買い物に出る機会も多くなります。ネットショッピングも使いつつ、車を使ってフットワークよく買い物に行けると便利です。

葉山町のやや不便な交通アクセスも、都心へ通勤したり出かける回数が少ない、あるいは車での移動が中心のライフスタイルならあまり気にならないかと思います。

 

治安

葉山町の治安は神奈川県内でも良好です。

令和元年の犯罪認知件数は59件、人口比の犯罪発生率は0.18%と全国平均約1%と比べても1/5以下です。(令和元年12月 神奈川県警察

繁華街、歓楽街がなく全体的に落ち着いた雰囲気の葉山町は、知らない人同士もすれ違うと気さくに挨拶するような温かい地域性があり、犯罪の起きにくいのではないかと思います。

また、御用邸がある点も葉山町の良好な治安に影響しているでしょう。御用邸の門は警察官が24時間365日警備していますし、町中でパトロールをしている警官をよく見かけます。皇室の方々がお出でになる時は交通規制があり、バスの利用もできなくなるなど厳重に警備が行われます。

ただ、富裕層の住む地域もあるためか詐欺の割合が多いので、高齢者を含めて普段から注意が必要です。

 

自然環境・観光

自然環境・観光

葉山の海は江ノ島、鎌倉、茅ヶ崎など他の湘南エリアの海岸に比べると海の家や人が少ないのですが、格段に静かで綺麗です。砂浜と岩礁が交互に連なる海岸線は約4kmにもなり、横須賀方面に近づくほど透明度が増し、特にシーズンオフは美しい景観が一層際立ちます。いつまでも見飽きない眺めをのんびりと散策しながら楽しめるのは葉山に住む人の特権です。

空気の澄んだ晴れた日に、森戸海岸から一望できる富士山、江ノ島、名島の鳥居、葉山灯台(裕次郎灯台)を望む絶景は、観光客と葉山の人たちの心を癒しています。

他にも、ドラマやCMの撮影も行われる一色海水浴場や「かながわの景勝50選」にも選ばれている長者ヶ崎・大浜海水浴場など首都圏でも有数の海水浴場が開設されています。

 

マリンスポーツ

ウィンドサーフィンは逗子がメッカですが、もうひとつ波の穏やかな葉山ではヨットやSUP(スタンドアップパドル)、シーカヤックを楽しむ人が多いです。シュノーケリングやダイビングも人気、浜辺ではビーチヨガのレッスンを見かけることもあります。バーベキューが楽しめる海岸が多いのも葉山の特徴です。

 

グルメ

葉山はおいしくておしゃれな個人経営のレストランが多い町でもあります。

地魚や三浦野菜などこだわりの食材を使った料理でもてなしてくれたり、古民家を改装したお店やオーシャンビューのテラス席があるお店が点在しています。

 

公園

大小さまざま公園が整備されています。どこも緑豊かで休日の散策にぴったりです。

葉山御用邸付属邸跡地が日本庭園の美しい「葉山しおさい公園」として一般開放されています。園内には昭和天皇が採集した生物標本が展示されている葉山しおさい博物館もあります。

 

子育て・教育

葉山への移住、定住を促進している自治体は子育てや教育関連の行政サポートも充実していて、ビジネスとの両立だけでなく、ファミリー層にも住みやすい町です。実際に子育て世代の転入が増えており、子どもの数も増えてきました。

海や山が近い自然豊かな環境と、穏やかな町の雰囲気の中で子育てができる湘南エリアならではのメリットが葉山にもあります。森戸海岸の人の少なさは子どもと一緒に遊びやすく、穴場的な海水浴スポットです。ハイキングコースも整備されていて、三ヶ岡山から眺める富士山は必見です。

教育面では4つの小学校、2つの中学校がありますが、高校と大学、私立の学校が町内にはなく、近隣か通学圏内の学校を受験して進学することになります。小中学校の学区が広く、住む場所が通学の距離を大きく左右します。

神奈川県内の保育所数、定員数ともに増加、待機児童は減少傾向にあります。葉山町ではこの10年ほど微増傾向が続いているものの待機児童数は非常に少なく、行政の取り組みが進んでいます。(令和元年度71人)

葉山町の取り組みの一部を紹介します。

子育て・教育サポート

  • プレママ&プレパパ教室
  • 赤ちゃん訪問
  • ぴよぴよ相談
  • 子育て支援センター「ぽけっと」
  • たんぽぽ教室(児童発達支援教室)
  • 子ども・子育て会議
  • 小中学生の就学援助
  • 中学生バス通学費助成
  • 葉山町高校生奨学給付金

 

医療・健康

  • 子ども医療費助成
  • 逗葉地域在宅医療・介護連携相談室
  • ひとり親家庭等医療費助成
  • 葉山町赤十字奉仕団

 

高齢者福祉

  • 葉山町緊急通報システム
  • 介護用品支給事業
  • 地域包括支援センター
  • ふれあいごみ収集

 

葉山町は小さな町のため教育施設、医療施設ともに多くはありません。病院も総合病院はなく、近隣の町の医療施設を利用します。

 

 

ジェイホームズについて

ジェイホームズ 注文住宅 世田谷

ジェイホームズは東京都、神奈川県を中心に注文住宅の設計・施工を行っている工務店です。

プロから評価の高い建築家、建築設計事務所とチームを組み、デザインと機能性、安全性を両立させた「強く、美しい家」を精度の高い施工力で建てています。

ジェイホームズ 注文住宅の完成事例

設計、施工はもちろん、土地探しからオーナー様の住まい作りをお手伝いしています。地域に広いネットワークを持つ不動産会社と連携して、オーナー様の予算や希望条件にあった土地が見つかるまで徹底的にリサーチする体制が強みです。

ジェイホームズ代表の牧野や建築家が現地の視察に同行して、土地の形状、周辺環境から「家を建てるプロ」の目線で土地を吟味、調査します。オーナー様の要望を叶えられる土地なのか、どうすれば実現できるかを設計や工法、法的な面からオーナー様のお悩みや疑問にお答えします。

ジェイホームズの家づくりのポイントはこちらです。

すでにお持ちの土地や、ご自身でリサーチした土地をジェイホームズにご相談いただくことも可能です。現地を一緒に視察しながら、ご希望条件やご予算にあったプランニングをご提案いたします。

葉山町をはじめ、神奈川県での土地探しや注文住宅の建築計画について、お気軽にご相談ください。

住みたい家、住みたい環境にぴったりの土地探しと住宅建築をサポートします。

 

ジェイホームズへの土地探しのご相談  現地を一緒に視察しながらご相談

 

ジェイホームズ株式会社

〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川1-6-12

TEL 045-912-9111(平日8:30~17:30)

 

カタログ請求

メールやお電話でのご相談

完成物件、建築中物件の見学

ご相談・資料請求

当社では、本ページにご入力いただきますお客様の個人情報の保護については、最大限の注意を払っております。
フォームに必要事項を入力し、「送信する」を押してください。

    [ our contact details ]

    お問い合わせ・ご相談

    ジェイホームズへのご相談は
    お電話·メール·フォームで承っております。
    お気軽にご相談ください。
    [営業時間 平日8:30~17:30]

    OUR ADDRESS:

    神奈川県横浜市都筑区中川1-6-12

    LINE:

    lineでの個別相談はこちらから

    OUR PHONE:

    045-912-9111