中庭のある住宅でプライバシーと快適さを両立させる

サンプル

空からの恵みである光と風を、室内いっぱいに採り込むことができるのが中庭のある住宅です。限られた敷地では住宅の間取りをL字型に、ゆとりがあればコの字型の間取りにするなどの設計のバリエーションもいろいろあります。

中庭に面して大開口を設ければ、室内空間と外部空間がつながり、室内に広がりと開放感をもたらします。このコラムでは、中庭のある住宅における間取りの考え方についてその詳細をお伝えします。

注文住宅を都市部で建てたいと考えたときに、プライバシーを確保しつつ快適な住環境を作りたい場合は、「中庭」を設けることで光や風を取り込める住宅をつくることができます。

中庭とは、建物で囲まれた屋根のないスペースのことです。屋外でありながらも、プライバシーが保たれた空間をつくることができます。

都市部では住宅が密集して建てられているエリアが多く、採光のための窓(開口部)を日当たりの良い方向に設置にすると、逆に外部から内部を見やすくなってしまうためプライバシーを保つことが難しくなります。

都市部における住宅の設計では、明るさとプライバシーを両立できる窓(開口部)を適切な位置に設置することが課題になります。中庭は、室内を明るく保つことに大変有効です。中庭を取り囲むような間取りとすることで太陽の光を建物内に取り込むことができ、住宅全体を明るくすることができます。

 

サンプル

上の写真の事例では、住宅の間取りの一部をコの字型の間取りとして、外部に面する部分には縦方向の木製ルーバーを設けています。

木製ルーバーは、外観のアクセントにもなり、ルーバー間の隙間より差し込む光や風を取り込みます。その中庭に面して窓(開口部)を設けることで、住宅の中に光と風をもたらしつつ、プライバシーも確保しています。

<まとめ>

都市部の注文住宅では、明るさとプライバシーを両立させることが設計の課題となります。その際の設計手法として、中庭を設けることは有効な手法です。光や風を「中庭」から取りこむ発想で、快適な暮らしが実現できます。

ジェイホームズは、中庭のある住宅の実績も豊富です。中庭のある住宅の計画のポイントや、設計の工夫などリアルな情報をお伝えできます。お気軽にご相談ください。