Contact Info

[ COLUMN ]

ガレージハウスの設計のコツは大空間・大開口の確保

RC打放しと黒い三角屋根によるモノトーンな外観デザイン

都市部の敷地では、生活の利便性や車の防犯対策といった観点から、ガレージハウスを計画するケースがあります。

このコラムではガレージハウスの設計のコツについてお伝えします。

ジェイホームズで建てる愛車と共に暮らすガレージハウスはこちらです。

 

ガレージハウスは大空間・大開口の確保が必須

都心部で計画されるガレージハウスには、主に下記のパターンがあります。

  • 2階建で計画する:1階部分にガレージ、1階部分の一部と2階が居住スペース
  • 3階建で計画する:1階部分にガレージ、1階部分の一部と2・3階が居住スペース

ガレージハウスを実現すると、都心部の駐車場問題(コスト、自宅との距離など)に悩む必要もなくなります。

前提として、ガレージを住宅の中に組み込むためには、車を駐車できる大空間と、車の出入口となる大開口が必要になります。

敷地や建物の間口が広い家なら大きな問題にはなりませんが、間口が狭い注文住宅を一般的な在来工法で建てようとすると、耐震上必要な柱や壁によってガレージを実現することが難しい場合もあります。

耐震性の高いSE構法であれば柱や壁を必要最小限に抑えられるため、地震に強い住宅になり、ガレージハウスに求められる大空間・大開口も実現できます。

ガレージハウスは大空間・大開口の確保が必須です。

 

ガレージハウスの大開口の設計事例:二世帯住宅

ガレージハウスの大開口の設計事例:二世帯住宅

このガレージハウスは、それぞれの世帯が完全に独立して生活できる間取りとなっている重厚感のある外観デザインが印象的な二世帯住宅です。

前面道路に面してそれぞれの世帯の家には、玄関と隣接してビルトインガレージがあります。それぞれが所有する2台の愛車を駐車することができます。

道路側にビルトインガレージを設けることで、住戸の開口部が建物の奥側になり、居住空間のプライバシーをよりしっかり確保できます。

前面道路に面して間口が広い土地だからこそ、実現したガレージハウスです。

ガレージ部分と道路との間にスロープ状に勾配をつけて施工するなど、細かなところにもこだわっています。

この住宅の事例:「地下室、ロフトを設けた都市型の完全分離型二世帯住宅」はこちらです。

地下室、ロフトを設けた都市型の完全分離型二世帯住宅

 

まとめ

ガレージハウスは、都市部の駐車場問題が解決できたりと、多くのメリットがあります。それと同時に、コストの問題や、周囲の環境の問題、家を建てる構法が限られるなど、ガレージハウスを建てるには注意点も知っておかなくてはいけません。 

ジェイホームズでは、ガレージハウスの実績、事例も豊富です。

 

プライバシーが守られる開放空間

季節を呼び込む開放空間

 

ぜひお気軽にお問合せ、ご相談ください。

ご相談・資料請求

当社では、本ページにご入力いただきますお客様の個人情報の保護については、最大限の注意を払っております。
フォームに必要事項を入力し、「送信する」を押してください。

    [ our contact details ]

    お問い合わせ・ご相談

    ジェイホームズへのご相談は
    お電話·メール·フォームで承っております。
    お気軽にご相談ください。
    [営業時間 平日8:30~17:30]

    OUR ADDRESS:

    神奈川県横浜市都筑区中川1-6-12

    LINE:

    lineでの個別相談はこちらから

    OUR PHONE:

    045-912-9111