Contact Info

[ COLUMN ]

実例で見る中庭のある住宅。プライバシーを守り採光と耐震性を確保する設計とは

デザイン住宅 中庭

デザイン住宅を都市部で建てたいと考えたときに、プライバシーを確保することができ、光や風を取り込める「中庭のある家」に憧れるお客様も多いのではないでしょうか。中庭を設けることで、住空間にいろいろなメリットをもたらします。中庭のある家を建てたいと思ったときに「こんな感じにしたい」と伝えるためのデザイン住宅のコツをジェイホームズの施工例でご説明します。今回のキーワードは「中庭」です。

 

都市部の住宅に合った中庭の構成

中庭とは、壁や建物でコの字型、ロの字型、L字型に囲まれた庭のことです。中庭をいくつか設ける複合型もあります。中庭をパティオ、坪庭、光庭とも呼び、中庭のある家をコートハウスということもあります。

「中庭のある住宅」を建てるお施主様が増えています。

特に都市部では、住宅が密集して建てられているエリアが多く、採光の窓を日当たりの良い方向に設置したり、開口部の広い窓を設けると、隣家や道路から家の中が見えてしまい、プライバシーが保てないケースもあり、外からは見えない、明るく解放感のあるプライベートな庭、住空間を持てる中庭が人気の設計手法となっています。

中庭には、外からの視線を感じることのないプライバシーの確保、開口部からの採光による家全体の明るさ以外にもメリットがあります。

・風通しの良い家になる
コの字、ロの字の中庭なら、隣接する壁面の窓の数も増やせて、季節ごとの風向きを取り込み、一年を通して風通しの良い住まいで暮らせます。また、吹き抜ける爽やかな風は、結露やカビの発生を防止します。

・小さなお子さんを安心して遊ばせることができる
安全で自由な遊び場にはもちろん、プールやBBQ、アウトドアリビングとしてコーディネートして家族や友人と語らい、くつろげる空間に。

・防犯の役割を果たす
中庭は、家の中からしか入れない間取りとすることで、庭から侵入するような犯罪を防ぐことができます。夜間も気にせず、中庭でワインを楽しんだり、窓を開放して夜風を感じながら眠りにつくこともできます。

・中庭は外構とセットで考える
都市部の住宅は、敷地の広さも限られているため、外構や植栽とセットで中庭を考えることがポイントです。例えば外構の目隠し壁を建物と合わせてデザインし、その目隠し壁と建物の間を中庭として設けることで、オリジナルなデザインの外部空間が生まれます。

中庭

 

プライバシーを重視した中庭の設計思想

視覚的、空間的な解放感やデザイン性の高さからも、中庭は需要がありますが、多くのお施主様が求められるのはプライバシーの保たれた、安心できる住空間のための中庭です。

プライバシーを守る中庭の設計には、「外は閉じて、内は開く」ことが重要です。

都市部における住宅の設計では、明るさとプライバシーを両立させることは、最優先課題の一つです。中庭は、その解法として有効であり、多くの住宅建築で採用されます。

中庭のある家の基本的な構造は、外観の開口部は採光が計算された位置にコンパクトな窓を最小限に設置し、外から中の様子がわからない設計で、中に入ると一転、中庭を中心に視界が広がり、中庭に面した大開口の窓から自然光を取り込み、心地よい風が通る大空間の住宅です。

その上で、プライバシーの確保には、室内の開口部から見える視界の先に、隣地に建つ住宅の窓が無いか、前面道路からの視線にさらされないか、あまり目に入れたくない要素が隣地側にないかどうかなどを調査した上で、間取りの計画を行うことが必要です。

中庭のある家を建てたいと思ったときに、設計事務所や工務店へ「こんな感じにしたい」と伝えるための中庭の計画のコツ、間取りのアイデアをジェイホームズの施工したデザイン住宅を例にご説明します。

中庭のある住宅の耐震性の確保など中庭にまつわる課題を、デザインと解放感、快適性はそのままに、ジェイホームズと建築家の協働の設計で解決し、住まいの価値を高めています。

中庭

 

実例1 耐震性を確保した工法で、大開口の窓から中庭を臨む

デザイン住宅 中庭

T様邸

神奈川県横浜市

構造·工法 / 2階建 SE構法

間取り / 5LDK+カーポート

 

横浜市の閑静な住宅街に建つ、2階建て住宅です。南側に中庭を配し、光と風にあふれ、解放感のある住まいです。

中庭を彩るシンボルツリーには落葉樹を選び、季節の移ろいを知らせています。住宅の中央に設えた中庭は、光と風を開口の広い窓から、コの字に配置した各居室の隅々にまで届けます。

また、大開口は構造的に強度を補う必要がありますが、地震による倒壊ゼロの実績のある「耐震構法SE構法」を採用し、柱や壁の少ない大空間を実現できる、自由度の高い空間設計と優れた耐震性を両立させています。

ジェイホームズはSE構法登録施工店です。SE構法は一般的な工法と異なる施工技術が必要となるため、一定の技術水準を有する「SE構法登録施工店」のみが施工することができます。

耐震構法SE構法について詳しくはこちらです。

外観

外観は、ファサードの曲面壁です。美しい曲面が木造で表現されたとても難易度が高い施工です。外壁の開口部はバランス良く最小限に抑え、プライバシーを守るデザインです。ガラス扉と玄関扉の2重のエントランスがアクセントとなって、訪問者を迎えます。

この住宅の施工事例ページ:「光が差し込む大空間」はこちらです。

 

実例2 プライバシー重視のホテルのような住まい

中庭

T様邸

神奈川県川崎市

工法·構造 / 2階建 在来工法

間取り / 3LDK+2nd Living+納戸+地下室

 

川崎市の閑静な住宅街に建つ地下室のある2階建ての住宅です。

プライバシーが確保された中庭と、各スペースをフラットにつなぐ設計により、住宅の外部と内部がゆるやかにつながる広がりのある空間が完成します。さらに、大開口、吹抜けを合わせることで、より開放的でオープンな空間を演出しています。

中庭

近隣や通りからの視線を気にせずくつろげる大空間のリビングには、中庭から大きく開いた窓から自然光のやわらかな明るさが広がります。

デザイン住宅 外観

モノトーンを基調として、全体の配色と質感のバランスにこだわったモダンな外観です。正面に窓を設けず、側面も開口部は最小限、周辺からの視線が遮られ、高いプライバシーを保っています。

ビルトインガレージを鉄骨造で建設し、車が3台駐車できる間口の広い駐車スペースを確保しています。

この住宅の施工事例ページ:「プライバシーが守られる開放空間」はこちらです。

 

実例3 坪庭の目隠し木製ルーバーから感じるやさしい光と風

坪庭 

M様邸

神奈川県横浜市

構造·工法 /3階建 SE構法

間取り / 1DK+2LDKL+納戸+カーポート

 

大きな公園と道路をはさんで接する敷地に建つ、3階建ての住宅です。奥様が設計事務所をされており、納まり、こだわり等、綿密に打合せを重ねながら設計、施工を進めました。

住宅の一部をコの字型の間取りとして坪庭を設けています。坪庭を道路に接する面に設けて、縦方向の木製ルーバーが内と外を緩やかに隔てながらも、目隠しとなり、プライバシーを確保しています。

坪庭に面した窓(開口部)からは、ルーバー間の隙間から光と風がゆるやかに入り込んで、あたたかみのある空間を作り出しています。

リビング

光や風を「ヨコ」ではなく「タテ」から取りこむ発想で、空間の表情をユニークに演出しています。降り注ぐ光はまさに光庭。視線の抜けが奥行を感じさせ、ゆったりと心地よい時間を過ごす場所になります。

ルーバー

木製のルーバーがアクセントになり、和モダンな外観デザインに。

吹き抜け

構造躯体には耐震構法SE構法を採用。吹き抜け、大空間を組み合わせた自由度の高い設計ながら、耐震性も十分に確保できる最先端の木構造技術で耐震等級3を実現しています。

2階LDKの大きな吹き抜けが、解放感抜群の空間の広がりと、光や風を取り込みながら上下階の一体感を演出しています。

この住宅の施工事例ページ:「光と緑を感じる温もりの住まい」はこちらです。

 

中庭の計画に検討すべき注意点、コスト

中庭の計画にはデザインや間取り、施工と合わせて、コスト面も把握しておきましょう。

中庭のある住宅は、整形の間取りと比較して建物の凹凸が増えることから出隅や入隅が増え、外壁面積が広くなることなどから外壁廻りの施工費はその分だけコストアップします。

中庭のしつらえとして、ウッドデッキやテラス、植栽や外部照明などを設けることになりますので、その分もコストアップにはなりますが、中庭はその住宅の大きな魅力の一つになりますので、メリハリのある設計が求められます。

中庭に面してアルミサッシやシャッターなどの数量も増えますが、その他の部分の開口部を減らすなどの調整を行うことで、コストのコントロールは可能です。

実際の金額は、希望する計画、立地条件や敷地面積で変わってきます。中庭の設計、施工に知識と経験のある専門家へのご相談、見積りの際には、建築前から建築後までのコストを確認しながら、提案やプランニングを検討しましょう。

また、中庭のある家はじゅうぶんな面積のある敷地でこそ、機能的、視覚的メリットを享受できます。間取りやデザインを制限されることのないよう、中庭を想定した土地の選定が重要になります。

中庭

 

中庭のある家の完成度は施工者選びで決まる

中庭

中庭のある住宅の建築には、中庭の設計経験、構造の知識が豊富な設計者、施工実績のある工務店との計画、施工が不可欠です。

中庭を得意としない設計・施工業者によっては、完成して住み始めてみたら陽が入らない、熱や湿気が溜まるなど、思い描いていた中庭とは程遠い、住環境が悪化する原因になってしまう事態になりかねません。

 

ジェイホームズが建てる、中庭のある住宅

ジェイホームズは、「プライバシーを重視した中庭の設計思想」の段でもお伝えした「外は閉じて、内は開く」を設計の核として、中庭も含めた、プロからも評価の高い設計事務所とチームを組み、プランニングを行います。

ジェイホームズではお施主様との打合せ、ヒアリングを最も重要視しています。立地、生活動線も慎重に検討し、中庭が不便で無理のある存在とならないよう、長く快適に住み続けられる、プライバシーを重視したデザイン、機能性、安全性を追及した中庭のある家、愛着のわく、価値ある家づくりを施工の技術力でサポートします。

ジェイホームズの住宅の施工は全て、実力、実績のある大工、職人のメンバーで行います。大工の棟梁は、ジェイホームズの仕事だけを建築している専属の親方です。

ジェイホームズでは、中庭のある家の施工実績が多数あります。今回ご紹介した実例はその一部です。

どうぞお気軽にご相談ください。
中庭のある家の設計・施工について、こちらからお問い合わせ方法をご案内しております。

<各種お問い合わせ 設計·施工に関するご相談>

メールやお電話でのご相談
カタログ請求
土地探しのご相談
建設中の物件の構造見学や完成物件見学
現地を一緒に見てご相談
イベント・セミナーのお申込み

中庭は、家族とのアウトドアリビングとして活用することもできます。

屋外でありながら、人目を気にせず家族が自由に憩う中庭をつくってみませんか。

プライバシーが守られる開放空間

ご相談・資料請求

当社では、本ページにご入力いただきますお客様の個人情報の保護については、最大限の注意を払っております。
フォームに必要事項を入力し、「送信する」を押してください。

    [ our contact details ]

    お問い合わせ・ご相談

    ジェイホームズへのご相談は
    お電話·メール·フォームで承っております。
    お気軽にご相談ください。
    [営業時間 平日8:30~17:30]

    OUR ADDRESS:

    神奈川県横浜市都筑区中川1-6-12

    LINE:

    lineでの個別相談はこちらから

    OUR PHONE:

    045-912-9111